【海外旅行メキシコ編:世界遺産】メキシコの歴史が分かる!マヤ文明の遺跡巡り

皆さん、こんばんわ!Kazです。

今回はメキシコの文明が分かる遺跡についてシェアと思います。

■ メキシコで栄えた文明

自分が訪れたユカタン半島の北部はマヤ文明が栄えた地域の一つであり、800年頃から繁栄期に入り、チチェン・イッツァやウシュマル、マヤパンなどの都市が栄えたと言われています(ウィキペディア参照)。

遺跡としては、やトゥルム遺跡、コバ遺跡が有名かと思いますが、この内チチェン・イッツァとトゥルム遺跡に行きましたので、今回紹介します。

また、メキシコの文明として他に有名なもので、テオティワカン文明があります。現在でもその当時の最大規模の都市の遺跡としてテオティワカン遺跡がありますが、今回の旅行では訪れることはできませんでした。

次回メキシコを訪れる機会があれば、絶対に行きたいですね。

皆さんにマヤ文明が少しでも伝われば幸いです。

■ チチェン・イッツァってどんなところ?

チチェン・イッツァは、メキシコのマヤ文明の遺跡の1つ。

マヤ語でチチェンは「泉のほとり」、イッツァは「魔術師」を意味し、マヤの「生贄文化」を象徴する遺跡です。

1988年にユネスコに認められ世界遺産となり、自分が行った時も多くの人が訪れていました。

ちょうどユカタン半島のど真ん中に位置しています。

カンクンやプラヤデルカルメンから、ツアーを申し込めます。

道を歩いているとツアーの紹介で声をかけられることが多かったですが、必ずどのショップにもチチェン・イッツァのツアーは組まれているので事前予約等は不要です。

カンクンから向かいましたが、到着まではバスで約3時間程度だったと思います。

途中でお土産屋へ寄ったり昼食をとることができました。

途中で寄ったお土産屋。

商品はメキシコ感漂うものばかり。

いかにもメキシコって感じですよね。

こちらはなんだか分かりますでしょうか?

単なる顔が掘られた壁のように見えますが、ツアーのガイドいわく、マヤの象形文字だそうです。

同じ顔をしているものは同じ文字を表していると推測できますが、まったく同じ顔を彫れることがすごい。

■ マヤ文明を象徴するピラミッド!カスティーヨ!

チチェン・イッツァに到着して目に飛び込んでくるのはこれ。

これが、チチェン・イッツァでとても有名なピラミッド!カスティーヨと呼ばれ、マヤの最高神であるククルカンを祀っているとされています。

ピラミッドを見るのは今回が人生で初めてでした。天気も良く、とても景色がきれいでしょう?

奥に見えるのは「戦士の神殿」です。

カスティーヨは四方に91段の階段があります。神殿へ昇る1段を含めて365段となり、太陽暦の1年の365日を表しているそう。

ククルカンと書きましたが、これは羽毛のあるヘビのこと。少し分かりにくいかもしれませんが、写真の右下にいるのがヘビの頭の部分です。

実はこのピラミッドのすごいところは春分と秋分に、太陽の位置とピラミッドの角が作り出す陰から、この頭だけのヘビが実際に体を持ち、ピラミッドから出てきているように見えるんです。

これはククルカンの降臨とも言われ、当時の人々の緻密な設計が伺えます。興味がある方はぜひ調べてみて下さい。

■ 戦士の神殿

次は戦士の神殿。

神殿上層の入り口にはチャック・モールが横臥になっているそうです。

チャック・モールは、チャックモールセノーテで紹介しましたが、死んだ戦士を象徴し、生け贄などのお供え物を神へ運ぶ存在と言われています。

3層の基壇をもつ神殿の周辺を石柱が囲んでいます。このことから「千本柱の神殿」とも呼ばれています。実際に千本あるかどうかは分かりませんが。

野生のイグアナが至る所にいました。

■ 球技場

マヤ文明では、太陽の恵みが得られるように生け贄を差し出したと言われています。生け贄になることは名誉なことで、ボールゲームを行い生け贄になる者を決めていたそうです。

写真を取り損ねたので、ここでは動画のみになります。

www.youtube.com

かなり広かったです。

どんな球技が行われているか気になりますよね。サッカーとバスケットボールを足したような競技のようで、手を使わずにボールをリングに入れた方が勝ち。

ボールは生のゴムが使われ、一本勝負だったそうです。

きっと生け贄になることが名誉とされている文明なので、勝者が生け贄になったんだろうなぁと考えたり。マヤ文明が栄えた時代から使われていた球技場に、現在の自分が立っていることがとても不思議で、いったいどんな試合が行われていたのか、当時のことをしばらく想像していました。

次回はトゥルム遺跡について書きたいと思います。

一読いただいた方々ありがとうございました。

【Love traveling: Cozumel Diving】Amazing diving in Mexico is not only cenote but also Cozumel

Hello, Everyone!

The article I write is still about Mexico diving. I had written about cenote until today but I would like to write about the Caribbean Sea this time especially Cozumel which is one of the famous oceans in the Caribbean Sea.

Have you ever heard of Cozumel island?

■ Cozumel

Cozumel island is a small island located in Southeast of Playa Del Carmen.

You can get to Cozumel from Playa Del Carmen by a boat. There is a scheduled boat and it takes about 45 minutes to get to each place.

This is a ferry in Playa Del Carmen. The scheduled boat goes and comes from here 17 times a day. I remember the inside of the boat was too cold because the airconditioner was too much.

This is a picture after landing in Cozumel.

You can see a big cruise ship over there in this picture. There are many cruise ships stop near this island. In Japan, the number of cruise travelers from abroad is increasing especially Kyushu such as Fukuoka, Nagasaki and Okinawa nowadays but I think if it is compared with that in Cozumel, the number is very different.

According to an instructor, it is getting an island for only travelers. I also felt the biggest industry here must be tourism industry because the most of the shops there are Souvenir shops rather than local shops.

We moved to an another ferry to go to the first diving point.

■ San Francisco Wall

The first diving point is San Francisco Wall! But actually we were not supposed to dive there. We could not move due to engine trouble and the closest diving point was San Francisco Wall.

The feature of San Francisco Wall is drift diving with the strong tide and steep gradient.

Our instructor was not willing to let us dive there because it is for advanced divers and we do not have enough experiences. But since we could not move he seemed like it cannot be helped.

Under water world is like this.

This can show how Caribbean Sea is! Beautiful!

The color of this fish is amazing. Since the tide is very fast and strong, it was hard to stay to take pictures.

You can see how San Francisco Wall’s tide is fast and gradient is steep.

www.youtube.com

I saw some schools of fish but not like specially big. The moment we started to surface, suddenly a huge black shadow appeared from our behind!

I cannot believe my own eyes!!

www.youtube.com

I could see a wild Spotted Eagle Ray swimmig gracefully. Some thought he swims very slow but I took this video following him as fast as I could. Actually the speed was pretty fast.

I was lucky that I could see him at the end of first diving!

■ Paradise Reef 

After San Francisco Wall diving, we moved to the next diving point, Paradise Reef. The engine trouble was solved, we could get there as scheduled.

The instructor said that there are some fish which live only in the Carribean sea and Cozumel, I was certain that I could see them because I was lucky I could see a Spotted Eagle Ray at the first diving. It was strange confidence.

As you see this point is also very beautiful!

This is taken at about 5 meter depth from surface.

This is the view of about 15 meter depth the sand was so white.

As I thought I was lucky on this day and I could see rare species fish such as spotted drum.

Some probably think how he swims because of his wired body shape.

This video can show that.

www.youtube.com

Because of this cute swimming it’s said an idol fish of Caribbean Sea.

I also could see a fish which lives only in Cozumel, Splendid toadfish.

Many people thought it doesn’t look special but there are so many divers who come to Cozumel to only look for it.

I was just very lucky to two of rare fish in only a day. Also I saw schools of fish.

And big groupers.

I had seen them only in an aquarium, the feeling watching them not through glass was very different.

I ran into them accidently in this vast ocean. I felt a little bit of fear when this huge fish was coming closer. Watching them closer, feeling of the texture of their scales and finding they don’t look like they are afraid but they pay attention to us, It was just amazing.

If you go to Cancun or Playa Del Carmen, please go to Cozumel as well!

Thank you for reading this article!

【海外旅行メキシコ編:コスメルダイビング】メキシコダイビングはセノーテだけじゃない!

皆さん、こんばんは!Kazです。

まだまだ、話題はメキシコダイビング。これまでセノーテをテーマにずっと記事を書いていきましたが、今回はカリブ海。

中でも有名なコスメルの海でのダイビングを今回の記事で紹介します。

皆さんはこれまでにコスメル島という島を聞いたことがありますか?

■ コスメル島

コスメル島は、プラヤデルカルメンの南東に位置する小さな島。

プラヤデルカルメンからコスメル島への移動手段はフェリーです。それぞれを発着地とするフェリーの定期便があり、所要時間は45分程度で行き来できます。

プラヤデルカルメンのフェリー乗り場。インターネットで調べてみると定期便は1日に17便も定期便が往来しているようです。

船内はエアコンが効きすぎているのを覚えています。

コスメル到着直後の写真です。

写真を見てもらうと分かりますが、大型クルーズ船留が留っています。何隻も近くに留っていました。日本でも福岡県、長崎県、沖縄県といった九州をはじめ、近年クルーズ船による外国人観光客が増えてきているようですが、きっと比にならないレベルだと思います。インストラクターによると、現在ではすっかり観光客のための島になってしまったとか。確かに島を歩いているとローカルショップというより、観光客向けのお土産屋がずらりと並んでいるような町並みでした。

渡船場からダインビングへ行くためボート停留所に移動しました。渡船場から車で数分でした。

最初のダイビングポイントへ移動。

■ サンフランシスコウォール

最初のダイビングポイントはサンフランシスコウォール。でも、実は当初のポイントはサンフランシスコウォールではありませんでした。

当初予定していたダイビングポイントへ向かう間にエンジンのトラブルにより、ボートが動かなくなるというアクシデントに見舞われ、やむなくポイントをサンフランシスコウォールへ変更という流れに。

サンフランシスコウォールは、勾配が急で強い潮の流れに乗るドリフトダイビングのポイントとなっています。

当初インストラクターは、あまり経験が豊富ではないダイバーをドリフトダイビングさせることにかなり抵抗を感じているようでしたが、どうしようもないので本当に仕方なくって感じでした。

水中の中はこんな感じ。

流石カリブ海。透明度が高い!

色がとても奇麗ですよね。流れが強いため写真を撮るために一時停止するのも一苦労。

www.youtube.com

この動画を見てもらうと、サンフランシスコウォールがどれだけ勾配が急で、潮流が強いかが分かってもらえるかと思います。自分の足を使わずともどんどん進んでいきます。

魚の群れはいくつか見ることができましたが、これといった大物もなく、浮上を徐々に開始した、その時、突然大きな黒い陰が背後から現れ、思わず自分の目を疑いました。

www.youtube.com

 

野生のマダラトビエイが優雅に泳いでいました。動画を見てもらうと動きがゆっくりだと思われた人もいるかもしれませんが、この動画全力でマダラトビエイの後を追いかけながら撮影したもので、実はスピードはけっこう速いです。

最後の最後で大物が見れて本当にラッキーでした。

■ パラダイスリーフ

サンフランシスコウォールでのダイビングを終え、次のダイビングポイントであるパラダイスリーフへ移動。エンジンのトラブルも解決し、予定通り到着することができました。

ここパラダイスリーフでは、カリブ海やコスメル島にだけしか生息しない魚(コスメル島固有種)を見ることができるという事前情報があり、一本目のダイビングでマダラトビエイも見れたので、この日は絶対についてると妙な自信がありました。

ご覧の通りこのポイントも抜群に奇麗でした。

水深5m程度の位置から水面を見た風景。

こちらは水深15m近くの風景です。濃い青と白い砂のコントラストがとても奇麗でした。

やはりこの日はツイてて、予想した通りカリブ海にしか生息していない魚であり、かなり珍しいとされるスポテッドドラムを発見しました。

とても変わった形状ですので、どんな泳ぎ方をするのか気になる人もいるかと思います。そんな方はこちらの動画をどうぞ。

www.youtube.com

この可愛らしい動きからカリブ海のアイドルとも呼ばれているそうです。

さらに、この日はコスメル島の固有種であるスプレンディッドトードフィッシュも見つけることができました。

これが、コスメル島にのみ生息する魚です。いかがでしょうか?一見、普通のハゼのような魚に見えるかもしれません。

でもこの魚を見るためだけに、コスメル島を訪れ、このコスメルの海でダイビングをするダイバーがとても多いそうです。

たった一日でこの2つの珍魚に出会えたことは本当に運が良かったです。

魚の群れもかなりありました。

さらに体調1m以上を超えるハタにも遭遇。

水族館でしか見たことがないような魚ですが、ガラス越しで見る水族館で味わう感覚とは桁違いのレベル。

広大な海での偶然の出会い、巨体が目の前に迫ってくる恐怖感と間近に見ることで伝わる魚の鱗の質感、しなやかな游泳。意識していないようで、こちらを警戒する様子。

鳥肌の連続でした。

カンクン、プラヤデルカルメンまで足を運ばれるのであれば、もう一歩足を踏み出してコスメル島へもぜひ行ってみてください。

読んでくださった読者の皆様ありがとうございました。