海外旅行フィリピン編:セブ島オスロブで念願のジンベイザメウォッチング!!こんなにでかい生き物生で見た事ない!!

皆さんこんにちは。Kazです。

今回も前回に引き続きセブ島オスロブについてです。

前回は移動とホテルや食べ物の紹介に終始しましたので、今回はセブ島オスロブではどんなことができるか、人気の場所やアクティビティについて紹介できたらと思います。

 

前回のオスロブに関する記事はこちらからどうぞ。

 

kaz-u.hatenadiary.jp

 

セブ島の最南端、オスロブでダイビング

やっぱりここでもダイビング。実はフィリピンの旅行を決めたきっかけは、オスロブでダイビングをしたかったからなんです。その理由は後ほど書きます。

朝10時に予約していたダイビングのピックアップをホテルの入り口で待っていました。でもなかなか迎えが来ません。

            f:id:KAZ-U:20180728082202j:plain

1時間程経っても来ないので友人が心配してダイビングショップへ連絡したところ、客を間違えていたよう。予約客を間違えるなんて、日本ではあり得ませんよね。笑

名前を確認しないのかな。

しばらくして、2台のスクーターで迎えに来てくれました。結局予定していた時間よりも、大幅に遅れてダイビングをする事になりました。

 

ジンベイザメと初のご対面 in セブ島

オスロブを旅行する最大の目的は、ジンベイザメを見たかったから。モールボールでは、イワシの群れが目玉ですが、オスロブではジンベイザメが目玉となっています。

看板にはWhale Shark Watchingと大きく書いてあります。

f:id:KAZ-U:20180625212458j:plain

多くの観光客がジンベイザメを見るために世界中からセブ島に集まって来ています。日本人も多く見かけました。

トリップアドバイザーでは、セブ島のアクティビティとしてこのWhale Shark Watchingを紹介しています。「必ず見るべき」と多くの人がコメントしていて、人気のアクティビティの1つになっています。ただし、観光客のほとんどがスノーケリングです。海には船を待つ観光客の大行列ができていました。

それに比べダイビングは人が少なく、船待ちの行列を横目にすぐに海に入ることができました。

水中の光景はこんな感じ。

f:id:KAZ-U:20180613210601j:plain

今では日本でも水族館で見ることができますよね。

このジンベイザメですが、年中安定して見ることができます。というのもセブ島ジンベイザメは、野性なんですが餌付けされていました。ボートに乗っているスノーケリングの人達がエサを与えています。これには賛成・反対の両者に意見が分かれています。

それから触ることは禁止されています。

f:id:KAZ-U:20180619231146j:plain

ダイビングの時間が遅くなったことから、水中の透明度が落ちていました。とはいえ、この巨体が目の前を通り過ぎていく時の臨場感は水族館では味わうことはできません。

ジンベイザメが人間に害を与えないことを知っていても、これほどまでに大きい生き物が真横を通過する瞬間には、流石に恐怖感がありました。

f:id:KAZ-U:20180727225324j:plain

大きいもので体長10mを優に超えるものから、一回り小さい子供かなと思えるジンベイザメもいました。

f:id:KAZ-U:20180803194752j:plain

f:id:KAZ-U:20180803194824j:plain

 

■ お世話になったオスロブのダイビングショップ

ダイビングショップはこちら。DEEP ZONE DIVE CENTER。予約忘れられたけど、すごく優しくて気さくなスタッフ達でした。

f:id:KAZ-U:20180727231322j:plain

ウェットスーツに着替えて、ここから歩いて海まで行きます。200mくらいですので、全然問題ありませんし、タンク等のダイビング器材はスタッフが運んでくれました。

ぜひ、ジンベイザメを見たいという方は御検討くださいね。スノーケリングもいいと思いますが、表面的にしか見ることができないので、ジンベイザメが何匹どこにいるのか、全体的な動きを俯瞰して見ることは難しいかもしれません。

本当にウォッチングを楽しみたいのであれば、絶対にダイビングがお勧めですね。

 

セブ島オスロブは海だけじゃない!ツマグロ滝も必見!マイナスイオンで癒されよう

オスロブに行く人の多くは、先述のジンベイザメ見ることが目的の人が多いと思います。でも、それ以外のオスロブの見所として、ツマグロ滝を紹介します。

ダイビングを終えた後に、ダイビングショップの店員さんからツマログ滝を見るため、バイクで入口?まで送ってもらいました。かなりの登り坂ですので、バイクで送ってもらえて助かりました。オスロブのダイビングショップから15分程度の場所です。

入口からは徒歩で移動します。写真を撮り損ねましたが、今度は勾配が急な長い坂道を下るとツマグロ滝の料金所があります。料金は20ペソと格安。

料金所から50mほど進むとこの景色。

      f:id:KAZ-U:20180727231827j:plain

壮大な景色に言葉を失いました。滝の音がまた迫力満点。

そして何より、水の色に驚きました。

f:id:KAZ-U:20180727231756j:plain

クリーミーな色が不思議でしょう?こんな自然の乳白色見たことない。

滝をもっと近くで見るとこんな感じ。マイナスイオンが溢れています。

         f:id:KAZ-U:20180727233849j:plain

         f:id:KAZ-U:20180727232127j:plain

真下から見るとこんな感じです。水はとても冷たかったです。

f:id:KAZ-U:20180727232202j:plain

f:id:KAZ-U:20180727232046j:plain

泳ぐ人もいましたが、自分が行った時は水に入る人は少なかったです。深さは1m程度です。

水の中に入る時はウォーターシューズを履くことをお勧めします。水の中は細かい石がたくさんあって歩くと痛いです。スリッパだと歩くときにすぐ脱げてしまいますので、脱げにくい靴やサンダルを準備することをお勧めします。

それから、水しぶきが飛ぶので、貴重品などが濡れないように防水袋を持って行くことをお勧めします。

 

以上、セブ島オスロブでの見どころとして、ホエールシャークウォッチングとツマログ滝について紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

ぜひ、この記事を見て感心を持たれた方がいらっしゃいましたら行かれてみて下さい。

一読いただいた読者の皆様、どうもありがとうございました。

Love traveling: Moving to Oslob from Moalboal. Introducing Oslob and the Hotel where I stayed there

Hello everyone!

I would like to introduce the hotel where I stayed in Oslob in this article.

I wrote about Moalboal, which is one of the towns in Cebu, Philippines. If you’re wondering “What is Moalboal?”, please read this article.

 

kaz-u.hatenadiary.jp

 

■ From Moalboal to Oslob

Oslob is also a municipality in Cebu island. It is located in the Southeast of Cebu.

f:id:KAZ-U:20180527205542j:plain

It was evening when I finished diving and left Moalboal. So when I got to Oslob, it was already night time.

                                f:id:KAZ-U:20180625213514j:plain

The transportation is a van and it took about 2 hours and 30 minutes to get to Oslob. It was a pretty long drive again.

The staff of the diving shop drove us to the hotel in Oslob. This is a really convenient and useful service. 

But the driver drove pretty fast and there were only a few lights on the road. Plus many people and animals were walking on the road in the dark. I was worried we might hit some people.

 

This day was such a long day, moving to Moalboal from Cebu City in the morning, diving until evening, moving to Oslob from Moalboal. I was pretty tired. I think I was completely asleep in the vehicle on the way to Oslob.

 

■ Introduction of the hotel where I stayed in Oslob

After a long drive, finally I got to a hotel called Ging-Ging Hotel & Resort which has a 3.5-star rating on tripadvisor. The atmosphere was so good I almost forgot I was tired.

f:id:KAZ-U:20180625214718j:plain

I liked the lights. Tables surround the pool forming a letter of “L”. The sea is right next to the hotel.

f:id:KAZ-U:20180625215203j:plain

This is taken from the other side. This hotel has 3 floors.

 

■ Filipino local food and beer are the best to make tired you rise up again!

After checking in and taking a shower, it is finally dinner time.

We enjoyed local beers while waiting for our food! The first beer I drank was the beer my friend recommended. This is the beer. It is said to be the most famous and best selling beer in the Philippines.

f:id:KAZ-U:20180626224025j:plain

San Miguel Pale Pilsen. It looks better with the blue lights behind! While drinking beer in front of the ocean, you can hear the the sound of the waves. That was so relaxing and the taste of the beer was the best. I finished this soon and ordered another local beer.

f:id:KAZ-U:20180626224625j:plain

RED HORSE BEER.  This was also really good! It is one of the most popular beers known for its higher alcohol content.  Thus, “Extra Strong”.

I couldn’t stop drinking and ordered my 3rd beer.

f:id:KAZ-U:20180628214406j:plain

San Mig LIGHT. It is the same brand with the first beer I introduced. This is a low-calorie beer, which is why it is “light” on the stomach. It is good for longer drinking sessions with friends.

This hotel has this 3 different local beers. Since I was tired, it didn’t take a long time to get tipsy. 

The food we ordered came while we were enjoying the conversation about our university life and the plan of the trip.   

f:id:KAZ-U:20180626225813j:plain

f:id:KAZ-U:20180626230031j:plain

f:id:KAZ-U:20180626230116j:plain

These are the food we ate on this night. There is still a picture of chicken wings that we ate but the picture is not so good. So I cannot show here.  Those were a bit oily but I loved that.

We got full, drunk and satisfied enough to sleep after a couple of hours!

 

■ Good morning Oslob!

The day begins with seeing the sun rise.

f:id:KAZ-U:20180628224100j:plain

The wind is so good and I could sleep tight at night. So I felt something special with this view.

There were a bit too much clouds but the sunshine is so beautiful. You can see the bottom of the water. I stood here for a while.

f:id:KAZ-U:20180628222130j:plain

This is my breakfast. Four slices of bread for a person. There are a few more food choices for breakfast. And you can order fresh fruit juice.

 

The schedule on this day is diving.

Actually I came to Oslob to see a creature, can you guess what it is?

I want to write the answer on the next article.

Thank you so much for reading! 

 

 

海外旅行フィリピン編:モールボールからオスロブへ移動!滞在ホテルやフィリピン料理を紹介

皆さん、こんにちは!

今回も前回に引き続きフィリピン旅行についてです。

前回では、セブ島の南西に位置するモールボールについて紹介しました。

モールボールって何?と思われた方はこちらの記事をご覧下さい。 

 

kaz-u.hatenadiary.jp

 

■ モールボールからオスロブへ

さて、今回はオスロブについて紹介したいと思います。皆さんはオスロブがどこにあるか分かりますでしょうか?

モールボールと同様にセブ島にあります。

f:id:KAZ-U:20180527205542j:plain

セブ島の南部にあるのが分かったかな?

モールボールを出たのはダイビング後の夕方だったので、オスロブに到着した時にはすでに日は暮れていました。

       f:id:KAZ-U:20180625213514j:plain

移動手段は車。モールボールだとオスロブまで、約2時間30分ほどかかります。

ダイビングのオプションでスタッフがホテルまで送迎してくれました。本当に便利で助かるサービス。

ただ、道中街灯はほとんどなく、ドライバーが真っ暗な道を結構速いスピードで運転するので、やや心配でした。

しかも人や動物が多い!!車のライトで照らさせれる道は、人や犬がよく歩いていました。歩道は整備されていませんので誰か撥ねるんじゃないかと思うほどでした。

この日は午前中にセブ市からモールボールへ移動、昼から夕方までモールボールでダイビング、その後モールボールからオスロブへ移動だったこともあって、結構疲れてました。オスロブへ向かう車の中では完全に寝落ちしていたと思います。 

 

オスロブ滞在ホテルの紹介

ようやくホテルに到着。オスロブ滞在期間中はGingging Hotel & Resortというホテルを利用。トリップアドバイザーでは、3.5星の評価(最大4つ星)でした。

あまりの雰囲気が良さに、披露を忘れてしまうほどテンションがあがります。

f:id:KAZ-U:20180625214718j:plain

やっぱりホテルにプールがあると雰囲気出ますよね。また、このライトアップがいい感じ。プールをL字に囲むようにテーブルが並んでいます。ホテルのすぐ横は海です。

南国に来た感じがしますよね。

f:id:KAZ-U:20180625215203j:plain

逆側からホテルを撮影。3階建てのホテルになります。建物は比較的新しかったです。

 

■ 長旅の疲れはフィリピンのローカルフードとビールで吹き飛ばす!

ホテルに着くとすぐに食事を。

食事が出てくるのを待つ間にビールを堪能!まずは友達に聞き、一番お勧めのビールを教えてもらいます。それがこちら。

f:id:KAZ-U:20180626224025j:plain

ローカルビールSan Miguelです。ホテルがライドアップしている時に撮影してみました。ちょっとピンボケしまってますが。海のさざ波の音を聞きながら飲むビールはすっごく美味しかった。

一気に飲み干し2本目へ。

f:id:KAZ-U:20180626224625j:plain

こちらもフィリピンのローカルビールのRED HORSE BEER。これも美味しい。

もう止まりません。続いて3本目へ。

f:id:KAZ-U:20180628214406j:plain

疲れた後のお酒は最高ですね。このホテルには、フィリピンのローカルビールはこの3種類しかありません。いい感じに酔ってきてました。

フィリピン人の友人とビールや会話を楽しんでいるうちに食事が出てきました。

f:id:KAZ-U:20180626225813j:plain

f:id:KAZ-U:20180626230031j:plain

f:id:KAZ-U:20180626230116j:plain

パッとみると日本にもありそうな料理ですよね。でも味付けは違います。とりわけ油っこい印象がありました。でもこれがまた美味しい。この日食べた料理はこんな感じ。

ほろ酔いで、お腹も満たされたところで、この日は寝ることに。

 

オスロブで過ごす朝

披露もあり、夜はぐっすりと眠ることができました。

翌日は目覚めがとても良かったです。すっきりした状態で、まずは朝日を見に海へ。

f:id:KAZ-U:20180628224100j:plain

やや雲が多かったですが、朝日の光が奇麗でした。海の透明度が高いので、水中まで見ることができます。めっちゃくちゃ奇麗!

しばらくここに立っていました。

f:id:KAZ-U:20180628222130j:plain

朝日の眺めた後は朝食を。朝食は食パンのみですが、結構枚数が多いです。バターの味が若干違った印象を覚えています。

 

朝食を済ませた後は朝のランニングへ。

 

この日のスケジュールはダイビング。

ある生き物を見るためにオスロブへやってきたんですが、皆さんは何か想像がつきますか?

続きは次の記事で書きたいと思います。

読者の皆様ありがとうございました。