海外旅行フィリピン編:絶対に参加して欲しい!満足度100%の絶景コロン島ツアー。

今回の記事では、自分が実際に参加したブスアンガ島を出発地としたアイランドホッピングツアーについて書きます。

アイランドホッピングツアーはエルニドでも参加しました。

エルニドのツアーでは、異なる島やラグーンなど7つの場所を巡ることができます。こちらもかなりオススメですので、ぜひエルニドを旅行する際は、参加してみてください。

詳細はこちらにまとめています。

海外旅行フィリピン編:エルニドのお勧めスポットやアクティビティーを紹介!

今回はブスアンガ島から出発するツアーです。島国フィリピンでは、人が居住しない島も多数あり、自然がそのままの状態が維持されています。そんな島を巡ることができるアイランドホッピングツアーは欠かせない観光アクティビティ。

■ 参加したツアーについて

自分が申し込んだツアーはCoron Island Tourというもの。

ツアーに含まれる場所は、Balinsasayaw Reef,Cyc Beach,  Beach 91, Skeleton Wreck, Twin Lagoon, Kayangan Lakeの7箇所。それぞれの場所については、後ほど書いていきます。朝8時から5時までの昼食付きの丸1日ツアーです。

料金は1,600ペソで、日本円で3,600円くらい(2018.10.6現在)。めっちゃ安いですよね。

ツアーの予約はCoron travel.comというサイトから予約しました。

https://www.coron-travel.com/

■ ツアーの集合場所

コロンタウンのセントラルマーケットに朝8時に集合。

セントラルマーケットはダイビングやアイランドホッピングツアーに出るボートが停留しています。セントラルマーケットについては、下の記事に書いてます。

海外旅行フィリピン編:ブスアンガ島のコロンってどんなとこ?コロンタウンの紹介

ただ、自分達は割と早く着いたのでしばらくボートで待つことに。

エルニドのツアーもかなり良かったので、期待が膨ら見ます。ツアー参加者は全部で10名程度だったと思います。日本、フィリピン、アメリカ、アイルランド、ネパールなどいろんな国の人がツアーに参加しています。

アイランドホッピングツアーのボート内の様子

コロン島のモニュメントをバックにブスアンガ島を出発します。天気も快晴で文句なし。

以下で簡単に行った場所の紹介や感想を書いてみたいと思います。

■ Balinsasayaw Reef

最初の場所はBalinsasayaw Reef。

海の上に浮かぶ小屋?のような場所にボートを着け、スノーケリングを楽しみました。

海中を覗くとこの透明度。サンゴ礁が広がっています。

あまりの海中の景色に夢中になり、気づいた時にはボートからかなり離れた場所まで行ってしまったため、ガイドから注意されました。サンゴを傷つけないよう、進入禁止がされている場所があるようで、あまり遠くに離れた場所に行くことは許されませんでした。

■ CYC Beach

この次に向かった場所がCYCビーチと呼ばれる場所。

あまりの綺麗さに、ビーチに着いた時にはボートから「オーマイガー」なんて歓声が上がりました。世界で最も綺麗なビーチの1つといっても過言ではありません。

ツアー参加者はカヤック、スノーケリング、ダイビングを楽しむことができます。

それほど大きな島ではないので、実際にはしませんでしたが、カヤックで一周することもできるかもしれません。

世界で最も美しいビーチの1つだと確信するCYCビーチ

とにかく海が綺麗。海の色が深さに応じて変化しているのが分かるでしょう?

ここではダイビングができませんでしたが、次回機会があればダイビングをしてみたいですね。ダイバー達を横目にカヤックを楽しみました。

ビーチでは、みんな写真を撮ったり、寝転んだりしています。この島にはマングローブの木がたくさんありました。

地面に立つマングローブの木

こうやって見ると、木の根がただ単純に地面に立っているような感じがして、面白いですよね。

■ Beach 91

各島の移動を含めあっという間に正午になります。次の場所で昼食をということで、Beach91を目指します。

しばらくすると、小さなビーチに到着。

「Beach91」という名前の由来は不明です。91番目のビーチだからでしょうか?

このBeach91の看板の隣に小屋があり、そこで昼食をとりました。

昼食はバイキング。アドボをはじめとするいろいろなフィリピン料理を楽しむことができました。

みんなで1つのテーブルに座って昼食。

昼食後はテーブルに残って会話したり、ボートで昼寝したり、泳いだりなど、時間はたくさんあるので、みんな自分が好きなことをしていました。

■ Skeleton Wreck

昼食後に最初に向かったのがSkeleton Wreck。

ここでもスノーケリング、カヤックが楽しめます。特にここではフィリピンを占領していた日本軍の沈没船を見ることができます。

スノーケリングでも見ることができますが、水深20メートルくらいの場所にあるため、あまりよく見えません。興味がある方はダイビングがお勧めです。

また、フィリピンのモールボールで見たイワシの群れほどではありませんが、ボールのように群れを作る魚を見ることができました。

サンゴも見ることができますが、海の透明度がだいぶ落ちていました。

■ Twin Lagoon

エルニドツアーでも行きましたが、今回のツアーでもラグーンに行くことができました。

ツインラグーンというので「双子のラグーン」だということで、何となく似た形状のラグーンが二つあるんじゃないかということが想像できますよね。

ラグーンになると景色も変わり、波も穏やかです。

予想通り二つのラグーンがくっついていました。ラグーンからラグーンへと続くトンネルを泳いでくぐります。

双子ラグーンの入り口

トンネルを出るとこんな感じ。

ライムストーンに囲まれた空間

ライムストーンに囲まれたラグーンから眺める空がめちゃくちゃ綺麗でした。

静寂で平和な時間を楽しむことができます。

■ Kayangan Lake

最後の場所はKayangan Lakeという場所。

到着するとすでに多数の船がありました。着いた瞬間から、観光客だらけだろうなと思うほど。いかに人気の場所であるかが分かります。

Kayangan Lakeの船着場

Kayangan Lakeに向かうため、ボートを停めた場所から通路を少し歩き、小さな山を越えました。こちらは通路の様子。

Kayangan Lake船着場にはこんな通路が設けられてます
Kayangan Lakeの入口付近

山の入り口はこんな感じ。階段や手すりが整備されているため、問題なく登れます。

Kayangan Lakeの入口

階段を登る途中で、観光客が溜まって写真を撮っている場所があります。

実は船を停めた場所が山の中腹から見るとめちゃくちゃ綺麗なんです。

コロン島の絶景スポット

ブスアンガ島のツアーショップでは、必ずこの景色の写真を掲示し、観光客を呼び込んでいます。写真を撮るために自分の番が回ってくるまで列で待たなければいけません。

写真を撮ったら、Kayangan Lakeを目指します。ちょうどこの絶景ポイントくらいで下りに変わります。

しばらく下ると、木々の間から青い湖が見えてきます。

湖はこんな感じ。めちゃくちゃ大きいです。

Kayangan Lake

岩に囲まれているため、波風がなく穏やかな湖です。みんなスノーケリングを楽しんでいました。

本当に静寂な一時を楽しめます。リラックスにはもってこいの場所でした。

■ まとめ

以上が簡単ではありますが、コロン島アイランドツアーで行った場所のレビューとなります。せっかく島国フィリピンに行ったなら、できるだけ多くの島を見てみたいですよね。行った場所の景色は中には似ているような場所もあれば、全く他と違う場所もあったりして面白いです。

共通して言えるのは海が綺麗。どこに行ってもスノーケリングは100%楽しめるのかなと思います。

ぜひブスアンガ島に行かれる際には、検討してみてくださいね。

一読いただいた皆様ありがとうございました。

Love traveling: What is in Busuanga Island?

Hello everyone.

In the previous article, I wrote that there are two Corons, one is in Busuanga and the other is an island. Do you remember?

I would like to share Coron town in Busuanga island with you in this article.

■ About Busuanga Island

Let’s check where Busuanga island is first. Busuanga Island is the biggest island among Caramian group of Islands and its location is in the North of the Palawan island.

Japan occupied this area during world war II, so you can see the trace of the war in the ocean.

 

If you are interested how to get to Busuanga island, check this out!

Love traveling: How to get to Busuanga Island and Coron Islands which are called paradise in Palawan

■ CORON TOWN

I got to Busuanga island by ferry from El Nido. The departure time was 6:00am and arrival time was before noon. On the ferry schedule, it says the arriving time is 10am.

ブスアンガ島フェリー発着場

Since Coron town has the ferry port from Busuanga to the other places, many people who are not only Filipino people but also foreign people come here. Coron town is the busiest place in Busuanga island.

I felt there were fewer people from overseas, compered to El Nido.

After arriving at Busuanga island, I headed to the center of Coron town by a tricycle and had lunch first. 

Many tricycle drivers wait for passengers at the ferry port so it is very easy to take one.

There are many shops such as restaurants, diving shops, cafes, massage spas and souvenir shops in Coron town.

They close pretty early at night. I walked and looked for some bars and I realized that. If you want to go shopping, you better go shopping early. Do not procrastinate. haha

■ The second highest mountain, Mt. Tapyas

You will find this monument of CORON at the top of Mt.Tapyas like the monument of HOLLYWOOD.

ブスアンガ島のタピヤス山頂付近にある「コロン」のモニュメント

It is very easy to go hiking at Mt. Tapyas and you can see this monument close like this.

ブスアンガ島の「コロン」モニュメント

It can’t tell that the grass is high like it actually is. If you want to see it from this position, you need to elbow your way through the grass.

If you go in the morning, the view and the color of the sky is very different from its color in noon and it is beautiful.

朝日をうける「コロン」のモニュメント

Mt. Tapyas is 210 meters tall, but the view from the top is incredible.  You can see many islands around Busuanga island.

タピヤス山の山頂から景色

I hiked twice — once in the morning and once around noon. I recommend both views.

Mt. Tapyas is the second highest mountain in Busuanga, you walk up the paved stairs and it is very easy to hike. Also Mt.Tapyas is one of the sightseeing spots. There is the sign in Coron.

タピヤス山案内標識

 

You should go there to hike!

 

■ How is the hot spring, Maquinit?

There is a hot spring called Maquinit in Busuanga. 

We wondered why there is a hot spring and whether Mt.Tapyas is a volcano or not.

We went to the hot spring by tricycle, and the cityscape changed dramatically. The tricycle goes on the rough road. 

ブスアンガ島の舗装されていない道

The price of hot spring is about 200 pesos (4USD 2018.9.28) .

It was my first time to go to a hot spring abroad. We go to onsen completely naked. “Onsen” is hot spring in Japanese. So dipping into a hot spring wearing swimsuit was a really different feeling for me

ブスアンガ島コロンの天然温泉
ブスアンガ島コロンの天然温泉

The temperature of the water was perfect! The hot spring is surrounded by mangroves and it is facing to the beautiful ocean. The view is also just perfect.

But we had to go back to the hotel and took the same road and the tricycle made sand dust so we had to take a bath anyway haha.

 

■ Coron central marketplace

In one of the corners of Busuanga facing the ocean is a marketplace. The marketplace is not improved like a shopping mall but there are some shops such as restaurants and tourist things on the red-sand ground.

 

A lot of tour boats stay here.

ツアー行きのボート

You can see the beautiful sunset here.

ブスアンガ島コロンの夕日は最高

People gather here at night to play games. They seemed to bet which trump card the balls stop on.

■ Summary

Sightseeing spots are pretty close to the center of Coron town so it is not difficult to get to those spots if you take a tricycle. Also, tricycles are everywhere.

I will write about the tour in the next article.

Thank you for reading.

海外旅行フィリピン編:ブスアンガ島のコロンってどんなとこ?コロンタウンの紹介

前回の記事では2つのコロンがあること、ブスアンガ島への行き方について紹介しました。

今回の記事では、ブスアンガ島に何があるのか紹介したいと思います。

■ ブスアンガ島について

まずは、ブスアンガ島について。

パラワン島の北部に位置し、カラミアン諸島最大の島になります。カラミアン諸島というのは、パラワン島北部に位置する島々のこと。

第二次世界大戦中には、日本が占領しており、この周辺の海では日本軍の戦跡が見ることができます。

ブスアンガ島への行き方については、こちらの記事をご覧ください。

海外旅行フィリピン編:パラワン島の秘境と呼ばれる「ブスアンガ島(コロン)」/「コロン島」への行き方を徹底解説。

■ コロンタウン

エルニドを早朝に出て、ブスアンガ島のフェリーターミナルに昼前に到着(フェリーのスケジュールでは10時頃到着予定でした)。

ブスアンガ島フェリー発着場

コロンタウンは、ブスアンガ島からフェリーの発着地でもあることから、国内・海外からも観光客が訪れており、ブスアンガ島で最も栄えている場所です。個人的に海外からの観光客は、エルニドと比べると若干少ないように感じました。

まずは、トライセクルにてブスアンガ島で、最も栄えるコロンタウンの中心地へ移動します。

フェリーターミナルにはこのようなトライセクルが待機しており、簡単に移動することができます。

コロンタウンでは、飲食店を始め、ダイビングショップ、お土産屋、カフェ、マッサージ店が立ち並んでいます。

コロンタウンにある店は、意外と店を閉めるのが早く、夜店に行こうと思ってもほとんど開いてませんでした。買い物なんかは後回しにせず、早めに済ませておくのがいいかもしれません。

■ ブスアンガ島で二番に高い山、タピヤス山へ

ブスアンガ島で一番目につくのが、このモニュメント。

ブスアンガ島のタピヤス山頂付近にある「コロン」のモニュメント

アメリカのロサンゼルスにある「HOLLYWOOD」のモニュメントのように、「CORON」とタピヤス山の山頂に書いてあります。

タピヤス山は容易にハイキングできるため、近くでこのモニュメントを見ることができます。

ブスアンガ島の「コロン」モニュメント

こう見るとあまり伝わらないのですが、草の背が高いです。この角度からモニュメントを見るため、草を掻き分けこの場所まで来るのが結構大変でした。

早朝のモニュメントもまた、昼と空の色合いが異なり綺麗に見えました。

朝日をうける「コロン」のモニュメント

タピヤス山は標高210メートルの小さな山ですが、山頂からの景色はとてもよく、ブスアンガ島近辺の島々を見渡すことができます。

タピヤス山の山頂から景色

自分は朝と昼過ぎに行きましたが、それぞれ景色が違うのでどちらもオススメです。

タピヤス山はブスアンガ島で二番目に高い山と言われてます。綺麗に舗装された階段を登ることができるので、手頃にハイキングに行ける場所でした。

コロンタウンには、このような案内板があります。

タピヤス山案内標識

山の登り口まではトライセクルでも行くことができます。

ぜひコロンタウンに行かれる際は、タピヤス山へハイキングに行ってみてください。

■ フィリピンにも温泉が!?Maquinit温泉

ブスアンガ島には、日本のように天然の温泉があります。

なんでここに温泉があるのか、タピヤス山が火山なのかどうなのか友人と話しました。

温泉まではトライセクルで向かいました。向かう途中街の景色はガラッと変わります。道も舗装されておらず、ガタガタ道をトライセクルに揺られながら進んで行きます。

温泉へ続く舗装されていない道

温泉入口の料金所で料金を支払い、中に入ります。料金は200ペソ、日本円では420円程度(2018年9月28日現在)

海外の温泉なんて初めてだったので、どんなものなのか楽しみです。ご存知の方も多いと思いますが、海外では温泉に入る際は水着を着用するため、水着が必須です。まぁ温泉プールみたいな感じですね。

日本では、みんな裸で温泉に入るのが普通ですので、水着を着て温泉に入ることにやや違和感を抱きながら入浴。

ブスアンガ島コロンの天然温泉
ブスアンガ島コロンの天然温泉

湯加減は丁度良かったです。足元に結構砂利があって、そこが若干気になった程度。

温泉が周りがマングローブに囲まれ、海に面していることから、景色も最高。

かなり満足することができました。

ただ、ホテルへの帰り道は、また舗装されていない道を戻らなければなりません。トライセクルが砂埃を巻き上げながら戻ったため、結局汚れました。帰ってシャワーを浴びました。

■ マーケット市場

ブスアンガ島の海に面した一角にはマーケット市場があります。

ただ、商業施設のように特に整備されているわけでなく、赤土の上に屋台やアイランドホッピングツアー、ダイビングショップといった各店が並んだ感じです。

多くのツアーボートがとまってます。

ツアー行きのボート

海に面していることから綺麗な夕日を見ることができます。

ブスアンガ島コロンの夕日は最高

夜になるとこのようなギャンブル?のようなものが行われてました。写真中央の銀の容器に卓球ボールを入れ、どのトランプの上に止まるか?を賭けているようでした。

ここはどちらかと言うと、ブスアンガ島に居住するローカルの人達の溜まり場?的なような場所で、観光客はツアーに向かう人やまた帰って来る人くらいで、このマーケット市場で食事をする人などはあまり見かけませんでした。

■ まとめ

今回はブスアンガ島のコロンで自分が訪れた場所をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

わりとコロンタウン周辺に観光を楽しむことができる場所があって、手軽に外に行くことができます。トライセクルをどこでも捕まえることができますので、移動に利用すると便利です。ぜひ行かれてみてくださいね。

次回はツアーについて書きたいと思います。一読いただき、ありがとうございました。