Love traveling: How to get to Busuanga Island and Coron Islands which are called paradise in Palawan

Hello everyone.

I would like to share how to get to Coron with you. Coron is a little bit away from the main island of Palawan. But Coron is also a part of Palawan.

 

■ Coron Island? Busuanga Island? Coron? What is the correct name of Coron? 

There is a town called Coron in Busuanga Island and there is also an Island called Coron near Busuanga Island.

Those same names confuse people sometimes. When people talk about Coron, you need to make sure which Coron they are talking about.

Let’s see each location.

The airport and the ferry terminal are in Coron, Busuanga island.

 

There is a monument of Coron and it seems like the symbol of Coron Island but this is in Busuanga island. It is a little bit confusing, isn’t it?

ブスアンガ島の「コロン」モニュメント

You can see this beautiful view in Coron Island.

コロン島の絶景スポット

 

■ How to get to Coron in Busuanga Island

You can go to Busunga Island by plane or ferry. Let’s see the plane routes first.

 

■ Francisco B. Reyes Airport

If you want to go there by plane, you need to look for the planes which arrive at and depart from Fransico B. Reyes Airport.

Looking for the planes, there are some airports which have scheduled flights between Francisco B. Reyes Airport.

 

1:  Mactan Cebu International Airport

Mactan Cebu Airport is in Cebu. The flight time between those airports is 75 minutes. And the airlines are Philippine Airlines and Cebu Pacific. 

I took the Philippine Airlines flight when I went back to Cebu from Busuanga.

If you want to know the transportation from Cebu to Palawan, please check this out.

Love traveling: How to go to Palawan from Cebu

2:  Clark International Airport

Clark International Airport is near Manila. The flight time is 60 minutes and it is a little bit earlier than the flight from Mactan Cebu International Airport.

The airlines are also Philippine Airlines and Cebu Pacific.

 

3: Ninoy Aquino International Airport(NAIA), Metro Manila

The Ninoy Aquino International Airport or NAIA is the airport located in the capital of the Philippines, which is Metro Manila. The flight time is about 40 minutes.

The airlines are Philippine Airlines, Cebu Pacific, Sky Jet and Air Juan.

 

4: Caticlan Airport

Caticlan Airport is in Panay Island which is the closest island to one of the most popular island, Boracay. The flight time is about 50 minutes.

The airlines is Air Juan.

 

5: Puerto Pricesa Airport

Puerto Pricesa is also in Palawan and the flight time is 80 minutes.

The airlines is Air Juan and Air Swift

There are other two more Airports which are in Palawan, One is San Viento Airport and another one is El Nido Airport.

The airline from San Viento Airport to Francisco B. Reyes Airport is Air Juan.

And the one from El Nido to Francisco B. Reyes Airport is Air Swift.

 

These are the flight booking site of each Airline

・Philippines Airlines

https://www.philippineairlines.com/en/ph/home

・Cebu Pcific  

https://www.cebupacificair.com/ja-jp

・Air Swift

https://air-swift.com

・Air Juan

http://www.airjuan.com/

・Sky Jet

https://www.flyskyjetair.com/

You can also go there by ferry.
 

■ El Nido Ferry Terminal

If you want to go to Busuanga Island by a ferry, you will depart from El Nido.

 

The ferry terminal is in the center of town. You can get there soon.

But the departure time is 6 am so you have to be careful so that you won’t oversleep.

The ferry terminal.

ブスアンガ島行きのフェリーチケット争奪戦の様子

Actually, people finally could take the ferry on this day since the ferry had not been allowed to leave the terminal because of a typhoon.

Most of the people in this picture came here to get a ferry ticket expecting other people  cancel. They were chosen randomly if they can take it or not.

 

This is the ferry schedule.

フェリーのスケジュール

The fare is 1,848 pesos. It is about 98 US dollars.(2018.9.18) 

You can book the ticket from this site.

https://www.travel-palawan.com/product-category/transfers/ferry-service-el-nido-coron-203/

PREPARE A MEDICINES JUST IN CASE YOU FEEL SICK EVEN IF YOU DON’T GET SICK USUALLY

The ferry pitched badly. The waves are so tall. I felt as if the ferry was flying and it is not joking.

I don’t usually get sick on the boat but it pitched so badly and it took about 3 hours, I was about to vomit.haha

I just concentrated on trying to sleep. There is a chance it was only the day I took on the ferry but you better to prepare some medicine.

 

■ How to get to Coron Island

How to get to Busuanga Island is as I told you. I want to share how to get to Coron Island a little bit.

You can go there from Busuanga Island by boat. There are many tours including Island Hopping so if you join those tours, it is the easiest way to go.

https://www.travel-palawan.com/destination/palawan/coron-tour-packages/

■ Summary

I mainly wrote about how to get to Busuanga Island.

First of all, since there are two Corons, make sure about which one you want to go to. But you need to go to Busuanga Island going to either of the two Corons.

There are some ways to go to Busuanga Island so you have to think about where you will go there from and think of the places to enjoy and the transportation.

 

I will write about Busuanga Island in the next article.

Thank you so much for reading.

海外旅行フィリピン編:パラワン島の秘境と呼ばれる「ブスアンガ島(コロン)」/「コロン島」への行き方を徹底解説。

https://www.travel-palawan.com/ferry-from-el-nido-to-coron/こんにちは。

今日はコロン(ブスアンガ島)への行き方について書きます。

コロンはパラワン島本土からやや離れた場所に位置していますが、フィリピン人の友達によるとパラワン島の一部だそうです。

パラワン島本土からやや離れた場所にあります。

■ コロン島?コロン?ブスアンガ島?何が正式名称?

エルニドと同様にパラワンの秘境と呼ばれるコロンですが、その場所や名称からややこしい部分があります。

ブスアンガ島と呼ばれる島に、コロンという町があり、ブスアンガ島の右下に、コロン島呼ばれる別の島があります。

これがややこしいんですが、町の名前と島の名前が同じ「コロン」と呼ばれているんです。

地図を拡大してみると分かってもらえると思います。

空港やフェリー乗り場があるのは、実はブスアンガ島のコロン。

ブスアンガ島のコロンには、このようなモニュメントがあります。

ブスアンガ島の「コロン」モニュメント

コロン島ではこんな景色を見ることができます。

コロン島の絶景スポット

■ ブスアンガ島(コロン)への行き方

ブスアンガ島には飛行機とフェリーで行くことができます。まずは飛行機による行き方から。

■ フランシスコ B レイズ空港

ブスアンガ島には、フランシスコ B レイズ空港があります。

ですので飛行機で行く場合は、このフランシスコ B レイズ空港を発着とする飛行機を探します。

調べてみると、フランシスコ B レイズ空港からの定期便が発着する空港はいくつかあるみたい。その主なものを紹介したいと思います。

(1)マクタン・セブ国際空港(セブ島)

マクタン・セブ国際空港は、セブ島にある空港。フライトの所要時間約75分。

自分はブスアンガ島からセブ島へ戻る時に、このフライトを利用しました。

航空会社はフィリピン航空とセブ・パシフィックになります。 

セブ島からパラワン島への移動方法については、こちらをご覧ください。 

海外旅行フィリピン編:セブ島からパラワン島への移動時に感じたフィリピン人Air SWIFTスタッフの温かな心遣い

 

(2)クラーク国際空港(ルソン島)

クラーク国際空港は、首都マニラの近くにあります。

フライトの所要時間は、60分でマクタン・セブ国際空港より若干短い。

航空会社はこちらもフィリピン航空とセブ・パシフィック航空になります。

(3) ニノキ・アノイ国際空港(ルソン島)

クラーク国際空港と同じルソン島で、首都マニラにある空港としてニノキ・アノイ国際空港もあります。フライト時間は40分程度になります。

ニノキ・アノイ国際空港からのフランシスコBレイズ空港行きのフライトを出している航空会社は最も多く、フィリピン航空、セブ・パシフィック航空、スカイジェット、Air Juanがあります。

(4)ゴードフレード P. ラモス空港(パナイ島)

ゴードフレード P. ラモス空港はパナイ島にあり、人気の観光地ボラカイ島から最も近い空港になります。

フライト時間は50分。航空会社はAir Juanになります。

(5)プエルト・プリンセッサ国際空港

同じパラワン島にある空港の1つであるプエルト・プリンセッサ国際空港からも行くことができます。航空会社はAir SwiftとAir Juanになります。所要時間は80分程度です。

その他同じパラワン島からだと、エル・ニド空港、サン・ヴィセンテ空港からも行くことができます。航空会社はエル・ニド空港からはAir Swift、サン・ヴィセンテ空港からはAir Juanになります。  

以下各航空会社の予約サイトになります。

・フィリピン航空

https://www.philippineairlines.com/en/ph/home

・セブ・パシフィック 

https://www.cebupacificair.com/ja-jp

・Air Swift

https://air-swift.com/

・Air Juan

http://www.airjuan.com/

・スカイジェット

https://www.flyskyjetair.com/

続いてフェリーでの行き方です。

■ エルニド フェリーポート

エルニドからは、フェリーでも行くことができます。

エルニドの街中にあるため、すぐに行くことができます。

ただし、エルニドからのフェリーの出航時間は6時ですので寝坊だけは注意ですね。

早朝のフェリーポートの様子。

ブスアンガ島行きのフェリーチケット争奪戦の様子

この日は連日続いた台風が過ぎ、ようやくフェリーが出航できるようになりました。

人が集まっているのは、当日のキャンセルが出ることを期待しているため。台風は多くの人に影響が出ました。

エルニドからブスアンガ島(コロン)へのスケジュールについては以下の通りです。

フェリーのスケジュール

料金は1,848ペソです。日本円では約3,800円(2018年9月14日現在)。

予約は下記のサイトからできます。

https://www.travel-palawan.com/ferry-from-el-nido-to-coron/

酔い止めは絶対に必須。普段船酔いしない人でも準備していたほうが良い。

フェリーですが、とにかくめちゃくちゃ揺れます。

台風の吹き返しの影響かどうか分かりませんが、波がかなり高かったです。

まるでフェリーが飛んでいるかのようにさえ感じました(これガチです)。

自分は普段船酔いしないのですが、想像以上に揺れ、また乗船時間が3時間以上になることから、吐きそうで危なかったです。

とにかく寝ることに集中しました。自分が乗った時が特別だったのか分かりませんが、酔い止めは絶対に必須です。

自分の友人も完全にグロッキー状態でした。

■ コロン島へはどうやって行く? 

ブスアンガ島のコロンへの行き方については紹介した通りですが、コロン島にはどうやったら行くことができるについても簡単に触れたいと思います。

コロン島へはブスアンガ島からボートで行くことができます。

コロン島行くツアーがたくさんあるため、これらツアーに参加することが手っ取り早いと思います。

コロン島を1日を楽しむツアーやコロン島を含め島巡りをするツアーもあります。

https://www.travel-palawan.com/

■ まとめ 

今回の記事では、ブスアンガ島への主な行き方を中心に書きました。

まず、「コロン」でも街と島があるので、どこに行きたいのかよく確認することが大事ですね。ただ、どちらの「コロン」に行くにしても、まずはブスアンガ島に行くことになります。

ブスアンガ島へは限られた場所からしか行くことができませんので、どこからアプローチするのかを考えなければなりません。

どうせ行くのであれば、出発地でも楽しめる場所がいいですよね。ブスアンガ島への移動をセットに一番楽しめそうな場所を考えるといいかもしれませんね。

ぜひ、検討されてみてください。

次回はブスアンガ島(コロン)を紹介していきたいと思います。

一読いただきありがとうございました。

Love traveling: The spots and activities I absolutely recommend in El Nido

Hello everyone.

I summarized the troubles caused by a typhoon in El Nido in the previous article.

I am going to write about places I went and activities I did in El Nido when it was not rainy.

 

■ Las Cabanas Beach

Las Cabanas Beach is in the south which is a few minutes away from the center of El Nido. It took 12 minutes from the hotel we stayed in.

 

ラス・カバナス・ビーチへの入り口

You can get to the beach after going down this flight of stairs.

The beach was messed up by a typhoon. The dog in the middle of this picture also looks disappointed.

But if you see the ocean and the beach from the sky, you will find out how beautiful it is.

The ocean is so clear! If the sun is sunshining, the color looks even more beautiful.

You can also enjoy ziplining here.

 

■ Canopy walk 

If you want to do something but you don’t have enough time to go to the places which are far away, Canopy walk would be great.

The location of the canopy walk shop is in the center of El Nido but it seems to hide.

It is only one minute away from the hotel but we couldn’t find it. (Mabye because it was  too close?)  We asked local people where the place is and found it. You can get there by passing through one narrow street from the main street.

 

This is the starting point. You will rent a rope with a carabiner and a buckle which saves your life and a helmet.

Canopy walk costs 500 pesos for each person. It is about 10 US dollars (5th/Sep/2018).

キャノピーウォークの入り口

You definitely need an insect repellent spray.

A guide will navigate you so you can just follow the guide.

キャノピーウォークのトレイル

There is a suspension bridge on the way.

キャノピーウォークではこのような吊り橋を渡ります

You can walk around at the top and see the whole of El Nido town. The view is good!

キャノピーウォークの頂上

キャノピーウォークの頂上

You can see the view of El Nido town. The weather is not good.

The staff will take your pictures.

キャノピーウォークの絶景と写真撮影

Those poles seem to be just put on the stones and not fixed. So it looked a little bit dangerous.

But the shop is in the center and it doesn’t take a long time. And the view from the top is really awesome, I can recommend going!

 

■ Island Hopping Tour

It was canceled once due to a typhoon but I definitely recommend to join an Island Hopping tour. It is totally worth it!

 

There are 4 basic tours in El Nido tour. And there are 4 choices from A to D.

Each tour goes to 5 different islands but the islands to visit are different for each tour.

 

You can choose the islands and order Combo tour. Combo has 3 choices, A&B,A&C,C&D

If you choose a Combo tour, you can go to 7 out of 10 different islands.

 

We have chosen Combo Tour A&C. The cost of each combo tour is as follows.

Combo A&B: 1,900pesos (98.33 USD)

Combo A&C: 2,000pesos (103.50 USD)

Combo C&D: 1,800pesos (93.15 USD)

This exchange rate is as of the on 9th of September in 2018.

 

I guess the reason Combo A&C is the most expensive is that it is the most popular.

These are the islands to go on Combo A&C tour.

 

We actually went to 1:  Papaya Beach(It is not in the HP)→ 2: Helicopter Island → 3: Talisay Beach(It is not in the HP)→ 4: Hidden Beach → 5: Secret Beach → 6: Big Lagoon → 7: Small Lagoon.

 

During the tour, the tour guide sometimes changes the destination if the island we are supposed to go is crowded. The islands I wrote “It is not in HP” are those islands which are not in the original plan.

 

On the tour day, the tour staff tried to accommodate as many custmers as they can since it was right after a typhoon and their business got affected negatively. Tourisits who came earlier just waited for a long time.

出発を待つツアー参加者達

They all complained.haha

 

Papaya Beach

The tour guide changed the destination to Papaya Beach. We stayed here for only a short time. 

It was about 10 to 20minutes. We enjoyed just swimming or snorkeling.

 

Helicopter Island 

The next island we visited was Helicopter Island. The name came from the shape of the island.

島の名前の由来は、島の形がヘリコプターっぽいから

It looks like a helicopter, right?

The water is so so clear and beautiful!

ヘリコプター島の海

Since the people were not able to swim for the past days due to the tyhpoon, they were really enjoying swimming and taking photos at the beach.

 

Hidden Beach

The boat stopped a little bit away from the beach the beach so people have to swim to get to the beach. It was still windy and the waves were pretty high on that day so it was hard to swim.

If you walk for a while, there is an open space and you come from the left side to the beach in the picture below.

Secret Beach

You have to swim again to get to the beach. And the distance is farther when compered to Hidden Beach. 

There was no beach looking around the boat. 

The entrance of the Secret Beach is very small and people usually can’t find it. You have to swim at least 20 meters to get there. There is a small limestone tunnel that you have to pass through. The Secret Beach is in the inner part of the limestones.

This is how the inside is (the entrance is under the limestone which is in the center of the photo but probably you can’t see it).

Secret Beach is completely surrounded by limestones. It was like only a few people knew its location and kept it a secret within themselves. As the suggested by its name, this is exactly a secret beach.

This is one of my favorite beaches.

 

Big Lagoon

You can also enjoy lagoons on the latter half of the tour. 

Big Lagoon was so magnificent.

Big Lagoon is so popular and there were many staying boats, so the entrance of the lagoon was crowded.

You can enjoy kayaking here.

Some points are shallow enough to walk but many big boats also pass even though it is so shallow. 

 

Small Lagoon

There is another lagoon called small lagoon.

The entrance is small like the one of the secret beach.

You can enjoy kayaking here as well.

It was pretty late and it was getting dark. We stayed on the kayak and enjoyed the quiet and peaceful moment.

I really felt like I am part of nature and I wanted to stay a night on the kayak.

 

You can not enjoy without this Island Hopping Tour, haha.

I really enjoyed and I want to recommend you to join this tour.

You can check the detail on this HP.

https://www.elnidoparadise.com/island-hopping/el-nido-combo/tour-a-and-c/

■ Summary

Typhoon ruined our time in El Nido but we still enjoyed enough. There are so many beautiful places that attract many people.

I especially liked the Island Hopping Tour. I was highly satisfied even if it was only one day. That means that El Nido is worthy of visiting even if you only have one day for traveling. haha

Thank you for reading!

海外旅行フィリピン編:エルニドのお勧めスポットやアクティビティーを紹介!

皆さん、こんにちは。

前回の記事では、台風によるトラブルをまとめました。

今回の記事では、そんな台風の合間を縫って訪れた場所やアクティビティーを紹介していきます。

■ ラス・カバナス・ビーチ

まずは、ビーチから。

エルニド中心街から南へ数分行った場所に、ラス・カバナス・ビーチがあります。

滞在したホテルから12分。

中心地から僅か数十分で行けるビーチです。

ラス・カバナス・ビーチへの入り口

この階段を降りるとビーチに行けます。

せっかくのビーチも台風の後で散乱していました。写真中央の犬もがっくり。

でもドローンで撮影するとこの美しさ。

透明度がめちゃくちゃ高い!太陽が出てたら、水の色も違ってもっと綺麗でしょうね。

ラス・ガバナス・ビーチではジップライニングも楽しむことができます。

■ キャノピーウォークでエルニドの街を一望

キャノピーウォークのショップは、エルニドの街の中に隠れるように店を構えています。

宿泊したホテルからほんの徒歩1分しか離れていない場所にあったにも関わらず、気付かずに通り過ぎてしまいました(逆に近すぎて気づけなかった?)。メイン通りから、細い脇道を抜けた場所にあることを現地の人に教えてもらいました。

ここがスタート地点。事前にロープ・バックル・カラビナがセットになった命綱、ヘルメットが貸与されます。

1人当たり500ペソ。日本円で約1,000円(2018年9月5日現在)

キャノピーウォークの入り口

このような茂みを進んで行きます。虫除けスプレーが必須です。

先頭にガイドがついて案内してくれます。

キャノピーウォークのトレイル

途中こんな吊り橋も。

キャノピーウォークではこのような吊り橋を渡ります

頂上に着くと、いろんな角度からエルニドを眺めることができるよう、グルっと歩けるようになっています。

キャノピーウォークの頂上

キャノピーウォークの頂上

頂上からはエルニドが一望できます。天気悪いね〜。

キャノピーウォークの頂上からの風景

エルニドを背景に記念の写真撮影をしてくれます。

キャノピーウォークの絶景と写真撮影

ただ足場は岩にそのままポールが立ててあるような感じで、ちょっと不安。

でも、エルニドの市街地にあって、所要時間も1時間あれば十分です。

景色はすごくいいので、ここもお勧め!

■ アイランドホッピングツアーは絶対にオススメ!

台風の影響で一度は中止になったアイランドホッピングツアーですが、絶対に行く価値はあります。

アイランドホッピングツアーでは、「エルニドツアー」と言うものが、パターンAからDまでの4つがあります。A/B/C/Dは、どのツアーも5島を巡るものですが、巡る島が異なります。

このツアーのAからDの内、自分の行きたい島をピックアップして、組み合わせることもできます。これは、コンボというものになります。

コンボの組み合わせは、A&B/A&C/C&Dの3パターンとなります。巡る島の数も10島と多くなります。ただし実際に行ける島はこの内7つ。

自分が申し込んだのはコンボA&Cで、それぞれの金額については以下の通り異なります。

・コンボA&B:1,900ペソ(日本円で約3,900円)

・コンボA&C:2,000ペソ(日本円で約4,200円)

・コンボC&D:1,800ぺソ(日本円で約3,700円)

レートはいずれも2018年9月5日現在のものです。

コンボA&Cの金額が最も高いのは恐らく一番人気なのかなと推測できます。

ちなみにコンボA&Cで行く島はこんな感じ。

自分達のツアーでは、1: Papaya Beach(HPには記載なし)→ 2:  Helicopter Island → 3: Talisay Beach(HPには記載なし)→ 4: Hidden Beach → 5: Secret Beach → 6: Big Lagoon → 7: Small Lagoonでした。

ツアーでは、ガイドが島の混雑具合を見て、予定していた島から近隣の島に目的地を変更したりすることがあります。「HPには記載なし」となっている島は、目的地が変更となった場所です。

ツアー当日は、ショップ店員が台風で営業に影響を受けたこともあって、客をできるだけ呼ぼうとするため、早々に集合していた客は当初の予定出港時間からかなり待たされることになりました。

出発を待つツアー参加者達

待っている間、みんな文句ばっかり言ってました。笑

そしていよいよ出港。

各島についてレビューを書いていきます。

Papaya Beach

混み具合から、近隣の島のPapaya Beachへ変更。

この島の滞在時間は非常に短かったです。

みんなスノーケリングを楽しんでました。滞在時間は10分〜20分程度だったと思います。

Helicopter Island

それから、Helicopter Island。名前の由来は島の形から。

島の名前の由来は、島の形がヘリコプターっぽいから

海はめちゃくちゃ綺麗でした。透明度もめちゃ高い。

ヘリコプター島の海

台風の影響で泳げなかった分を取り返すかのように、泳いだり、写真を撮ったり。

Hidden Beach

Hidden Beachは、ビーチから離れた場所で降ろされます。泳いでビーチまで行かなければなりませんが、この日は台風の風が残ってて、波が高くみんな苦戦してました。

少し泳ぐと歩ける程の深さになります。

少し進むと開けた場所に出ます。写真左の道からビーチに入ってきます。

Secret Beach

シークレットビーチに行くために、このような海の上で降ろされます。

周りを見てもビーチらしきものはありません。

実はシークレットビーチの入口は非常に小さく普通では気づきません。ビーチに行くには、最低でも20m程度泳がなければなりません。

その先に小さなライムストーンのトンネルがあります。その小さなトンネルを潜ってエントリーします。

中に入ると、こんな感じ(入口は写真中央のライムストーンの下ですが、見えません)。

シークレットビーチはライムストーンに完全に囲まれていて、知る人ぞ知るって感じの雰囲気。その名の通り、まさにシークレットなビーチ。

お気に入りのビーチの1つです。

Big Lagoon 

このツアーで楽しめるものはビーチだけではありません。後半にはラグーンが待っています。

特にビッグラグーンは壮大過ぎてやばい。あまりの人気にラグーン入口はボートが大混雑してました。

ビッグラグーンでは、主にカヤックを楽しめます。

人が歩ける程の場所もあります。逆にそんな浅瀬をボートが何隻も行き来します。

Small Lagoon

それからスモールラグーン。

こちらも同じラグーンですが、シークレットビーチと同じようなライムストーンの小さな隙間を通ってエントリーします。

ここでもカヤックが楽しめます。

時間帯が遅かったこともあり、あたりが暗くなるのを感じながら、静寂なひと時を楽しむことができます。

本当に自然と一体になれるような気持ちになります。

カヤックの上で一晩明かしたい気持ちになりました。

エルニドに行くならこのツアーは外せない!それくらいお勧めです。

詳細はこちらのHPから確認してください。

https://www.elnidoparadise.com/island-hopping/el-nido-combo/tour-a-and-c/

■ まとめ 

台風にめちゃめちゃにされたエルニドでしたが、流石に秘境と言われるだけあって、魅力がたくさん詰まった場所です。見どころ満載。

特にアイランドホッピングツアーでは、たった1日でこれまで台無しにされた喪失感を掻き消すことができました。

そう考えると、たった1日でも行く価値あり!!また行きたい!

以上、読んでくださった皆様ありがとうございました。

Love traveling: Troubles in El Nido, There is a probability that your carefully crafted plans will be ruined in a tropical paradise.

Hello everyone.

I am writing about El Nido but I think some of you already realized this is not going to be a positive article.

I want to share the troubles I had in El Nido with you.

I was supposed to stay in El Nido from the 1st of January until the 4th of January.

El Nido is said to be the most beautiful place in the Philippines and I was really excited to explore and join each tour we booked in advance there.

But UNFORTUNATELY, the first typhoon in 2018 came and hit Palawan and messed up my plans. The two tours were canceled and my friends and I  were about to miss the ferry to go to Coron.

I am going to write about those troubles in order, but what I want to tell you is if you travel in a tropical country, you should think about what to do when a typhoon comes. The country you travel might not manage customers in the same way  your country does.

■ About El Nido 

The location of El Nido is in the northern part of Palawan.

You can take a tricycle from El Nido airport and it takes about several munites to get to the main town.

The population is about 40,000 and restaurants and many shops for tourists stand in a line.

パラワン島エルニドの街並み

パラワン島エルニドの街並み

I saw more tourists, expecially from Western countries, than the local Filipino people. And I heard British accent more often.

El Nido is also a port island to go to small islands in the north in Palawan.

There are many boats staying here.

パラワン島エルニドの風景

The day I arrived in El Nido, my Filipino friend and I checked-in our hotel first and met another Filipino friend. It had been a long time since we gathered last.

We had a dinner and enjoyed drinking beer next to the beautiful beach.

We were thinking about only fun things.

I was supposed to dive the next day.

■ Typhoons can  come any time of the year in the Philippines

Our travel plans were ruined by the first typhoon in 2018 whose name is Agaton.

It hit the middle of Palawan from on the 2nd of january until the 3rd.

This is the typhoon information from the Meteorological Agency in Japan. I realized that it became a typhoon on the 31th of December. But who cares about a typhoon during a trip?

I didn’t think about a typhoon at all because it had been totally fine after I arrived in the Philippines.

The central pressure was over 1000hpa, which means it is not a so strong typhoon. But people were not allowed to take boats from the ports due to the wind and rain.

The diving was canceled.

We could not do anything so we stayed at the hotel for a long time.

パラワン島エルニドで滞在したホテル

But we didn’t want to waste time so we decided to go to Nacpan Beach even it rained.

■ Two beaches are connected in Nacpan Beach

We road a tricycle to Nacpan Beach on the messed road for about 50 minutes by a tricycle.

I just wished it was sunny.

I can not tell you how tall the wave actually is. It is pretty tall. People evacuated under the beach  parasoles when it got heavy. Some people still enjoyed playing volleyball.

We had a lunch under a parasol. The steamed crabs we had at lunch was so good.

ナクパンビーチで食べた昼食

The broadcast said that the typhoon would pass Palawan on the 3rd of January, so we thought it would get better soon.

■ Island hopping tour

We were supposed to join the Island hopping tour on the 3rd of January and it was the tour I really looked forward to. We booked a private Combo Tour A & C so we could enjoy the boat by ourselves.

You can check what the Combo tour A & B is from this site.

https://www.elnidoparadise.com/island-hopping/el-nido-combo/tour-a-and-c/

We went to the shop to check the situation of the tour and if we could go on the next day. All tours from the 2nd of January were cancelled.

The staff said that the typhoon had already passed so we could probably go on the tour. But the coast gaurds will give the final decision on whether or not  to allow tours by 5am on the next day. So the tour agency could not say anything yet.

We went to drink with unsure feeling.

It was cloudy but it wasn’t so rainy.

パラワン島エルニドの早朝ビーチ

I expected we probably could go!!

■ It was not enough to allow tour even if the typhoon completely passed!?

My friend got a message from the shop which said all tours for the day have been canceled as advised by the Philippine Coast Guards.

My friend asked why since it wasn’t so rainy, so why? And the answer was it was still windy offshore so the coast guards still warned about the risk.

We all got disappointed but there was another thing to worry about. It was whether we can take a ferry to go to Coron on the 4th of January.

We have to take a ferry to go there.

If we missed the ferry, we have to book a new ticket.

My friend went to check the condition of the booking.

■  A ferry ticket can be quashed when a typhoon comes!?

Can you believe it? Even if you booked the ticket, it might be quashed for the people who missed the  ferry before you.

We realized that when we asked if we could go to Coron as scheduled.

The ferry trip had been canceled for two days so many people missed their trips and those people were given priority to take the ferry even if we already booked.

We booked a ferry ticket online a couple of months earlier through elnido.ph but when we talked to the staff of elnido.ph, they could not give us a ferry ticket because they said the ferry tickets are already sold out due to the canceled trips. They said we can reschedule the trip or they can give us a refund.

This is NOT fair.

We needed to book a new ticket for a ferry leaving on 5th.

But it was really difficult to get that because there were many people who wanted a new ticket like us. Thanks to my friends’ tenacious negotiation we finally could get that.

But going to Coron was postponed a day.

■ The booking for a private tour was also quashed

Since the ferry was postponed we decided to join the private combo A & C tour for the next day.

We were remaking the travel plan carefully step by step again and it seemed to be going well.

And we realized we can go on a tour that day.

When we got to the shop, there were many other tourists who found out the weather condition got better and expected they can join the tour without an advance booking.

I thought we already booked so we all are fine. But my friend started to have a quarrel with the staff with an angered face and I realized something was going wrong.

I asked him what happened and he said they said there is no private boat and we all are going to take the same boat with other people who are coming to the shop now.

You know what? The tour shop thinks more of the number and not the booked customers. I understood it must have been a hard time for the shop to make money during the typhoon. But if they cancel the booking, it breaks the trust of costomers causes bad evaluations.

We needed to join the public tour.  It happened as if to add insult to injury.

Although it was not the worst thing that happened on that day. An even worse thing happened during the tour. I flew my own drone at the small beach surrounded by limestones which are about 100 meters, I think.  And it was blown away by the wind and it got stuck on the stones. I could not take it back.

I realized El Nido HATES me. haha

But the tour was really good.

They brought us to some islands and we enjoyed swimming, snorkeling and kayaking.  The lagoon was especially beautiful and it was my most favorite place for me on the tour.

I would like to write about the tour in another article.

■ The last day in El Nido. The competition to get a ticket for going to Coron

We went to the port in the really early in the morning on the day we were scheduled to leave El Nido.

But there were already many people who were hoping some might cancel.

ブスアンガ島行きのフェリーチケット争奪戦の様子

People seem to be chosen randomly. Some people got mad at the staff saying “Are you kidding me?” or “That is not fair!”

Some people explained they have to take the ferry to Coron on that day so that they can still catch their flights at Coron Airport.

Those were all of the troubles I had in El Nido.

It became a pretty negative article but I learned that it is important to think of what to do in case an  emergency happens. If you have such consciouness, the action will be different.

I would like to write about the tour next.

Thank you for reading.

海外旅行フィリピン編:南国旅行には運も必要?入念に立てた旅の計画が台無になったエルニドで起きたトラブル

皆さん、こんにちは。

前回セブ島からパラワン島への移動手段について、紹介させていただきました。

海外旅行フィリピン編:セブ島からパラワン島への移動時に感じたフィリピン人Air SWIFTスタッフの温かな心遣い

今回の記事では、パラワン島の秘境と呼ばれるエルニドについて書きます。

ただし、タイトルからご察しの通り、あまりハッピーな内容ではありません。笑

どちらかというとトラブルを共有させていただくような感じです。

エルニドには、2018年1月1日から4日まで3泊4日の滞在予定でした。

フィリピンで最も美しい場所とも言われるエルニド。

全力で満喫しようと意気込んでましたが、まさかの2018年の台風第1号の直撃により、2日間の事前に予約していたツアーが中止となるほか、危うくコロン(ブスアンガ島)へ渡るためのフェリーを逃すことになりました。

詳細については、順に書いていきますが、南国では、天候により万が一の事が起こる可能性があるため、心の準備もしておくことが重要だと感じました。

■ まずはエルニドについて

パラワン島北部に位置しています。

エルニド空港からトライセクルに乗って数十分。エルニドの街に到着。

人口4万人程度の街で、飲食店、雑貨屋などが立ち並んでいます。

パラワン島エルニドの街並み

パラワン島エルニドの街並み

街を歩いて感じたことですが、地元のフィリピン人よりも、観光客、特に欧米人を多く見かけました。その中でもイギリスのアクセントがよく聞こえて来ました。

日本人旅行者はほとんど見かけませんでした。

パラワン諸島北部に点在するリゾートアイランドへの発着港となる港町でもあります。

港にはかなりの数のボートが停泊しています。

パラワン島エルニドの風景

エルニドに到着した日はホテルにチェックインし、別のフィリピン人の友人と合流し、計3人で久々の再会を楽しみました。

夕食は海沿いのレストランにて。

大学院時代の話やエルニド観光の話に花が咲きました。

翌日はダイビングの予定で、楽しみの事しか考えていませんでした。

■ 南国では年末年始関係なく台風がやってくる

自分たちの楽しみを見事に打ち砕いてくれたのが、2018年の台風第1号(アガトン)。

1月2日から1月3日にかけてパラワン島の中央を横断しました。

この気象庁のデータを見ると12月31日にはすでに台風になって接近していたことが分かりますが、旅行中に気象庁のHPなんて見ますでしょうか?

この時は頭の片隅にもありませんでした。

中心気圧1000hPa以上の比較的勢力の弱い台風でしたが、雨風により港からボートが出ることができません。

当然の事ながら1月2日に予定していたダイビングはポシャってしまいました。

1日中雨で、この日は何もできず、しばらくホテルでダラダラと過ごしていました。

パラワン島エルニドで滞在したホテル

でもせっかくフィリピンに来たので、1秒たりとも無駄にしたくありません。

フィリピンの友人と話して、天候は悪かったですが、エルニドで有名なナクパーンビーチに行くことにしました。

■ 2つのビーチが繋がるナクパーンビーチ

エルニドの滞在場所から約50分悪路をトライシクルで行きます。

雨に打たられながらようやく到着。

雨のビーチ。晴れてばなぁ〜。。。

この写真ではあまり伝わりませんが、ビーチは波は結構高かったです。

雨がひどくなり、みんなパラソルの下へ避難してました。そんなの気にせずに、中には雨の中ビーチバレーを楽しむ人達も。

ビーチに石がなくランニングにはもってこい。雨に打たれながら、ビーチの端から端まで走りました。

ランチに食べたカニの蒸し焼きがめちゃくちゃ旨かった。

ナクパーンビーチで食べた昼食

写真では天気が良さそうに見えますが、めっちゃ雨が降ってました。

予想では1月3日には台風第1号はパラワン島を抜ける予定でしたので、3日は大丈夫だろうと3人で話していました。

■ アイランドホッピングツアー

1月3日はエルニドで最も楽しみにしていた、アイランドホッピングツアーの日。

プライベートツアーで申し込んでいたので、ボートを貸し切って3人で自分たちの都合に合わせて島巡りをする予定でした。

ツアーの内容はこちらをご覧ください。

https://www.elnidoparadise.com/island-hopping/el-nido-combo/tour-a-and-c/

念のため、友人が予約した予約した店へ行き、天候や予約状況を確認をしてくれました。

当然ですが、2日にアイランドホッピングに予約していた観光客は皆んなキャンセル。

店のスタッフも3日は台風も過ぎてるし、ボートも出るだろうと言うことでした。

ただし、ボートの出港の許可は海上保安が翌朝5時に最終決断するため、それ次第ということでした。

若干の不安を残して、この日の夜はまた別のバーへ。

そして、3日天気は曇りでしたが、雨はそれほど降っていませんでした。

パラワン島エルニドの早朝ビーチ

これは行けるだろうと期待感が高まります。

■ 台風が過ぎたからといって安心できるわけではない!?

朝5時に友人の携帯にショップからメールが入り、ボートを出すことができないためツアーが中止になるという連絡が入りました。

雨もそんなに強くないのに、なぜ?と友人が質問すると、沖合ではまだ波が高く、海上保安庁がとても警戒しているとのこと。

しばらく3人で落ち込んだ後、とある心配が頭をよぎります。

「ブスアンガ島行きのフェリーは大丈夫・・・?」

翌日の1月4日はコロン(ブスアンガ島)へ移動する日。

コロン(ブスアンガ島)に行くには、フェリーに乗らなければなりません。

ブスアンガ島とエルニドの位置関係はこのようになっています。

仮にこれを逃してしまうと、またコロン(ブスアンガ島)行きのフェリーを再予約しなければなりません。

心配になった友人は、万が一に備えてフェリーの出航状況を確認。

■ フィリピンでは台風時は事前予約が無効化される!?

海上保安庁へ確認に行くとコロン(ブスアンガ島)行きのフェリーは、4日の出航は可能であるが、自分たちが乗船することは厳しいだろうと言われました。

その理由は、既に2日・3日で予約がキャンセルされた人が多く、その人達を優先的に乗せるため、ということでした。

事前に4日出発のチケットを予約していましたが、無効されました。

これはフェアでは、ありませんよね。

でも、乗れないということなので、チケットを1月5日で再度予約する必要がありました。

ただし、連日出航が禁止されていたため、2日・3日・4日のコロン島行きのフェリーを予約していた観光客が、予約をするために集中し、チッケト確保が困難な状況でした。

まさにチケット争奪戦です。

友人の長時間の粘り強い交渉により、事前になんとか5日のチケットを確保ことができました。本当にラッキーでした。

とりあえずはこれで一安心。ただ、コロン島行きが1日延期されることになりました。

■ 台風時のツアーは予約客よりも、当日の客数が重要!?

ブスアンガ島行きが1月5日に延期になったことから、1月3日にできなかったアイランドホッピングツアーを、翌日(1月4日)に行くよう予約しました。

もちろんプライベートで申し込みました。

台風で当初の予定がめちゃくちゃにされる中、少しずつペースを取り戻していきました。

そして、1月4日はようやくツアーのボートの出港許可が出ました!

3人はテンションが上がり、舞い上がって定刻にショップに行きます。

しかし、ショップに着くと、ボートが出港できると期待した観光客でごった返しています。

予約していたので、大丈夫だろうと思っていましたが、友人と店員の会話が穏やかではない?タガログ語で話しているので内容は理解できませんでしたが、その表情や大きな声から怒っていることは確実。

後から聞くとプライベート用のボートはなく、みんなごちゃ混ぜのツアーに参加しろと言われたとのこと。

かなりの人数がいましたので、ショップにとってはチャンスなんでしょうね。見事に予約を破られました。

台風で既に散々な目にあった上に、さらに追い打ちをかけられた感じでした。結局、止む無くグループツアーに参加しました。

ツアー自体はとても良かったです。各島にある様々な綺麗なビーチに連れて行ってもらい、景色を見るだけでも十分でしたが、スノーケル・カヤックも楽しむことができました。

特にラグーンがめちゃくちゃ良かった。

これらについては、また別の記事で書きたいと思います。

ただ、ツアー中に飛ばしたドローンが風に煽られ、岩にクラッシュするという、とんでもないアクシデントが発生。

地上から50mくらのとこに引っかかってしまい、回収もできませんでした。とことんツイテナイ。。。

■ エルニド最終日。ブスアンガ島行きのチケット争奪戦

1月5日は早朝からフェリーの発着港へ。

連日出航できていないことから、予約客も当然いっぱい。

早朝4時に当日のキャンセル待ちを狙った観光客が港に殺到していました。

ブスアンガ島行きのフェリーチケット争奪戦の様子

ブスアンガ島には空港があるため、ブスアンガ島発の飛行機に乗れなかった人も中にはいたことと思います。

以上が、エルニドで起きたハプニング記事です。

楽しみにしていたツアーが台無しになった失望感、人の不幸に漬け込み追い討ちをかけてくるショップ店員への苛立ち、緊急事態に迅速に対応してくれた友人への感謝の気持ちなど、エルニドでは情緒不安定な日々が続きました。笑

結構ネガティブな記事になってしまいましたが、フィリピンでは、年中台風が発生します。

万が一のことが起きた場合にどう対処するか、頭の片隅に置いておくだけでも違うと思いますので、教訓の1つとしてシェアさせていただきました。

次回は、エルニドでのアクティビティについて書きます。

台風でツアーが中止になる中、雨の合間を見ていった場所や、アイランドホッピングツアーについて紹介します。

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

Love traveling: How to go to Palawan from Cebu

I am writing about how to get to Palawan from Cebu.  I actually went to Palawan from Cebu on 1st of January in 2018.

So I can write with the actual experiences I had.

■ What is in Palawan? 

First of all I need to tell you what is in Palawan. Even if I tell you how to get to Palawan from Cebu, it has no point if you are not interested in going there.

Palawan is one of the most popular islands and many people travel there. There are very popular places such as El Nido and Coron. Coron is a little bit away from the main island of Palawan but my Filipino friend says, Coron is also in Palawan.

And they have so many beautiful nature sites!

These pictures are proof.

This is the most beautiful beach I have ever been.

フィリピンの美しすぎる海

There are beautiful lagoons as well.

I absolutely recommend to go there!

I would like to write about the details of those places from the next articles.

■ How to get to Palawan

Let’s see those two island’s locantions.

Palawan is in the west and Cebu is in the middle of the Philippines.

You need to take planes from Cebu to Palawan.

From Cebu, there are direct flights to two airports in the main island of Palawan. These two airports are El Nido Airport and Puerto Princesa Airport.
There are 4 airlines flying from Cebu but only one of them has direct flights to El Nido Airport while the other three have direct flights to Puerto Princesa Airport.
There is another direct flight from Cebu to a third airport in Palawan, which is located in Coron island, north of the main Palawan island. This airport is known as Francisco B. Reyes Airport or Busuanga Airport.

1: El Nido Airport

If you want to go to El Nido,  El Nido airport is better. And Air SWIFT has the direct flight to El Nido.

You can book a ticket on Air SWIFT homepage.

https://air-swift.com/about/

2: Puerto Princesa Airport

If you want to go to Puerto Princesa which is the capital of Palawan, you may take any of those three airlines.

This is the flight schedule.

The flight from Cebu to Puerto Princesa takes 1hour 10minutes ~ 1hour 20minutes.

I got those information from this site.

https://bh.wego.com/en/schedules/ceb/pps/flight-schedules-from-cebu-1279-to-puerto-princesa-city

But Puerto Princesa is really far from El Nido and Coron. You need to take a bus if you want to go to El Nido from Puerto Princesa. And it takes about 6 hours including some breaks.

This is the bus schedule from Puerto Princesa to El Nido.

The cheapest fare is 385~480PHP(It is about 7~9USD : Aug 2018 rate). 385PHP is the cheaper but it doesn’t have air conditioner.

Driving in a tropical island for 6 hours without air conditioner is pretty tough, right? I might be dead.

3: Francisco B Reyes Airport(Busuanga Airport)

If you go straight to Coron, you should select Francisco B Reyes airport.

Here is the flight schedule.

https://www.wego.ae/en/schedules/ceb/usu/flight-schedules-from-cebu-1279-to-busuanga-island

This three airports’ locations are shown here.

So you can select the airport depending on the destination in Palawan.

My destination in Palawan started from El Nido, so I selected El Nido airport and Air SWIFT.

■ Domestic departure in Cebu Mactan Airport

Cebu Mactan airport is in Lapu Lapu City, Cebu. It was my second time to use this airport but this time was for domestic travel.

You can go to many places. There are 26 domestic flight from Cebu.

The flight time was 15:15 and I got to the airport 2hours before fligt.

Killing time at Starbucks.

The staff asked my name and this came. It means that I need to improve my pronunciation.

We were brought from the gate to the Air SWIFT plane by a bus.

It was rainy on the 1st of January in 2018 and the AirSWIFT staff welcomed us like this when we arrived.

Air Swift従業員の心配り

Air Swiftの従業員の心配り

Rain was not so heavy and the distance from the bus to the plane is also so short but the staff held the umbrellas up so that the customers won’t get wet. I thought no one would complain even if they get wet during the short walk. Their attitude of thinking much of customers was so nice and I felt I want to use this airline again.

The plane capacity is 40~50 passangers.

■ Arriving at El Nido airport

After the 1 hour and 40minutes flight, I finally landed on El Nido.

It was rainy in Cebu but it was perfectly sunny in El Nido. It was so beautiful.

エルニド空港で飛行機から降りた時の風景

利用したAirSwiftの飛行機

This is how the airport looks like from the outside. It looks just like a house.

エルニド空港の外観

The inside is like this. There was only one big space. Everyone in this picture is waiting for their luggages. There is no converyor belt. The staff brought all of the passengers’ luggages and gave each directly to the owners.

エルニド空港のArrival

エルニド空港の内装

エルニド空港の出口

I liked this atmosphere of the airport. It seemed to me like an airport built in a jungle.

Everyone waits for a taxi or tricycle bound for El Nido outside of the airport but all of vehicles were gone when we arrived so we had to wait for a while.

エルニド空港の駐車場

That is all!

I will write about the activities and the places I recommend in El Nido and Coron.

Thank you so much for reading!!

海外旅行フィリピン編:セブ島からパラワン島への移動時に感じたフィリピン人Air SWIFTスタッフの温かな心遣い

皆さん、こんにちは!

今回はセブ島からパラワン島への移動方法について、紹介したいと思います。

自分が「フィリピンに旅行に行って来ます」と職場の同僚や友人に話した時、多くの人が「フィリピン?セブ島?」とか「私もセブ島行きたい〜」とかって感じで「フィリピン=セブ島」ってイメージを持っている人が結構多いのかなと感じます。

実際にセブ島を旅行して感じたことですが、セブ市内には多くの日本人旅行者を見かけました。

レストランに入ると、至る所から日本語が聞こえて来ますし、市内のホテルでは、日本人旅行者が受付で列を作っていました。

■ セブ島の人気は右肩上がり?

2016年12月25日にバニラエラ(JW)が成田/セブ線(LCC)を1日1便で開設したことが1つ大きなきっかけとしてあげることができるかもしれません。

もちろん、これだけではありませんが、以降セブを目的地とする日本人旅行者数は年々増加しているようです。海も綺麗ですし、レジャーも充実してるし、ご飯もめっちゃ美味しいですもんね。

それから、セブは留学先として人気が高いことから、レジャーに加え、学生や社会人の留学需要も増えているみたいですね。

でも、フィリピンはセブ島だけではありません。今日は、セブ島から飛行機で約1時間40分西に離れた場所にあるパラワン島への移動方法ついて書きます。

ぜひ、一度も行かれたことがない人は行ってみてくださいね。

■ パラワン島って何があるの?

今回はパラワン島への移動方法について紹介するのですが、そもそもパラワン島に何があるのか?行く価値があるのか?皆さん疑問を持たれてる方も多いと思います。

詳細については、次回以降の記事で書いて行きますが、フィリピンの秘境とも言われているエルニドって場所だったり、若干パラワン島から外れるけれど、コロン島(フィリピンの友人によると少し離れているけど、パラワン島の一部だそう)という、とんでもなく綺麗な場所があります。

例えばこんな海。

フィリピンの美しすぎる海

それとかこんなラグーンも。

詳細は次回以降に詳しく書きます。

■ パラワン島への行き方

本題の行き方について紹介します。

まずは2つの島の位置関係から。

グーグルマップでは、車でも行けると表示されますが、最短で行くには飛行機がしかありません。

パラワン島本土には、セブ島を行き来するフライトが発着する空港は3つあります。1つはエルニド空港。もう1つはプエルトプリンセサ空港です。正確にはコロン島にも1つフランシスBレイズ空港(ブスアンガ空港)あるので計3つになります。

そのほかにも空港はありますが、セブ島からパラワン島へ行くにはこの3つだそうです。

(1)エルニド空港を利用する

セブ・マクタン空港からエルニド空港へはAir SWIFTの直行便が出ています。

航空券はAir SWIFTのHPから予約可能で、スケジュールは以下の通り。

マクタン・セブ国際空港ーエルニド空港のフライトスケジュール

エルニド空港ーマクタン・セブ国際空港のフライトスケジュール

所要時間は100分で、料金は7,860ペソ。日本円では約16,000円(2018年8月現在)。

エルニド空港は、エルニドはもちろんのことながら、コロン島にも最も近い空港です。

(2)プエルトプリンセサ空港を利用する

セブ・マクタン空港からプエルトプリンセサ空港へは、3つの航空会社の直行便が出ています。所要時間は80分から100分。

曜日によって航空会社と日時が異なるので、注意が必要ですね。

マクタン・セブ国際空港ープエルト・プリセンサ空港のフライトスケジュール

プエルト・プリンセサ空港ーマクタン・セブ国際空港のフライトスケジュール

プエルトプリンセサは、パラワン島で最も大きい都市になります。

ただ、エルニドやコロン島といったパラワン島で人気な場所からは離れた場所に位置していることから、プエルト・プリンセサ空港からエルニドまでバスで行かなければなりません。

バスのスケジュールはこんな感じ。

バスの所要時間は6時間程度。バスの料金は400ペソから500ペソで、日本円で約800円〜1000円程度(2018年8月現在)です。

385ペソのバスが最も安いですが、エアコンが付いていないようです。6時間エアコンなしは結構キツイですね。

(3)フランシスコBレイズ空港(ブスアンガ空港)を利用する

セブ島からブスアンガ島に直接行くにはこの空港しかないですね。

フライトは全てフィリピン航空のみで、1時間15分でブスアンガ島まで行けます。

マクタン・セブ国際空港ーブスアンガ空港のフライトスケジュール

ブスアンガ空港ーマクタン・セブ国際空港のフライトスケジュール

因みに各フライトの情報はこちらを参考とさせていただきました。

https://flyteam.jp/airline_route/ceb_eni/flight_schedule

https://flyteam.jp/airline_route/ceb_pps/flight_schedule#ceb_pps

https://flyteam.jp/airline_route/ceb_usu/flight_schedule/2018/08

自分の場合は、パラワン島の最初の目的地がエルニドだったのでAir SWIFTを利用し、エルニド空港に行くことにしました。

目的地に応じて利用する空港も自ずと決まりますね。

■ 2回目のセブ•マクタン空港!でも今回は国内線!

セブ島からパラワン島へは飛行機で移動します。

ラプ=ラプ市にあるセブ・マクタン空港に向かいます。

今回で2回目のセブ・マクタン空港ですが、今回は国内線の利用となります。

セブ島から26箇所の国内線があるようですね。

フィリピンを旅行するならセブ島を拠点としていろんな所に行けます。

フライト時間は15時15分。少し余裕をもって空港に到着したので、スターバックスで時間を潰すことにしました。

店員に名前を聞かれてKazukiって何回か伝えたんですが、Hazukiって書かれました。

発音が悪いのかな。

■ フィリピン人Air SWIFTスタッフの心遣いを感じた日

セブ・マクタン空港のゲートから飛行機搭乗まで送迎バスで行きます。

2018年1月1日セブ市内は雨でした。

搭乗場所に着くとフィリピン人スタッフがこんな感じでウェルカムしてくれました。

Air Swift従業員の心配り

Air Swift従業員の心配り

これだけの距離なのに、またそんなに大した雨ではなかったのに、乗客が濡れないように傘を差して待ってくれていました。

単純ですが個人的にこの心遣いが嬉しくて、またAirSWIFT使おうって気分になりました。

飛行機のキャパシティーは小さく、機内には40〜50名の乗客しかいませんでした。

■ エルニド空港到着!

約100分のフライトの後、ようやくエルニド空港に到着。

<セブ島では雨でも、パラワン島では晴天でした。

エルニド空港で飛行機から降りた時の風景

めっちゃ綺麗。

利用したAirSwiftの飛行機

エルニド空港の外観

これがエルニド空港の外観。普通に家みたいですよね。笑

エルニド空港のArrival

空港の中はこんな感じ。少し写真がブレていますが、大きなスペースの部屋が1つあるだけ。写真の人達はみんな荷物の到着を待っています。

荷物は機械で出されず、スタッフが直接運んで来てくれました。

エルニド空港の内装

エルニド空港の出口

ジャングルの中に建てられた空港って感じですよね。でもなんか雰囲気良くないですか?

空港の外に出ると、みんなエルニドに向かうタクシーやトライシクルを待っていました。どちらも出払っていて、しばらくここで待つことになりました。

エルニド空港の駐車場

以上が、セブ島からパラワン島への移動方法の紹介となります。

ぜひフィリピンを旅行する際には、参考にしていただけたら幸いです。

次回からはエルニドやコロン島でのアクティビティや訪れた場所を紹介します。

一読してくださった方々、ありがとうございました!

インスタグラムもやってますので、ぜひ興味がある方はこちらも覗いてみてください。

https://www.instagram.com/kazukistravelife/?hl=ja

Love traveling: Is this the most fun activity in Cebu!? Trekking/Swimming/Jumping/Canyoneering in Kawasan Falls

Hello, everyone!

I am still writing about Cebu. Since Cebu is a very popular place and many people travel there, I would like to share my experiences. And I will be really glad if my articles will be useful for people planning to go there.

I’ve introduced Cebu in the previous three articles about Moalboal and Oslob. I will put the links to those articles below so that you can read them if you are interested. 

I am going to talk about the activity I personally think is the most pouplar in Cebu.

 

■ A secret beautiful place in the Southwestern part of Cebu

The place where you can enjoy this fun activity is in Badian, Cebu. Since I stayed in Oslob the night before, I left Oslob to Badian at 6:00 am going to Badian. It takes about 1 hour and 40 minutes by car.

Our travel plan in Cebu started from Cebu City → Moalboal → Oslob → Badian so we had a lengthy travel time.

Our destination in Badian is Kawasan Falls, which is said to be the biggest waterfalls in Cebu and is highly recommended in many travel sites.

 

■ How to get to Kawasan Falls from Cebu City

Since we went there from Oslob, here are some second-hand information from a travel site I looked up.

https://tabinaka.co.jp/magazine/articles/11903

 

1: Bus terminal

You can get on the bus from “Cebu South Bus Terminal”. A lot of buses go to places far away from Cebu from this terminal. The terminal is near “Colon Street”. This is a major street so every taxi driver would know where it is.

 

2: How to get the bus to Kawasan Falls

Look for the bus with a sign saying “BATO via BARILI”. This is the bus you need to take. You need to be careful because there is another bus for “BATO via OSLOB” and it doesn’t pass by Kawasan Falls.

 

3: Ticket

You don’t need to buy the ticket in advance. You can ride on the bus and sit on an empty seat. The conductor will come and you can pay at that time. The one-way fare is 160 Pesos.

 

4: The bus stop to get off

It takes about 3~4 hours from Cebu. The bus stop is “Kawasan Falls” and it is not the last bus stop.

 

When you arrive at the site, the first thing you do is pay at the reception. 

It was about 70 US dollars.

The fee already includes the airconditioned car  (for 10 hours from pick-up at the hotel in Oslob at 6:00 am to drop-off in Cebu City after canyoneering), local tour guide, canyoneering at Canlaob River downstream going to Kawasan Falls, life jacket rental, helmet rental, aqua shoes rental, waterproof bag rental, motorcycle ride from reception area to canyoneering starting point, bottled water, chocolate candy bar, complimentary lunch, swimming at Kawasan Falls, all of entrance fees and government taxes.

 

We booked the canyoneering tour online with Island Trek Tours and paid 50% downpayment. We paid the remaining 50% balance when we arrived at the reception.

■ What to prepear in  advance before the tour

You will be given a pair of shoes, a helmet and life jacket. The other things I recommend to bring are these.

 

1: Swimsuit 

It goes without saying, but should bring one. There is a changing room but I recommend to wear it in advance.

 

2: Waterproof bag

You need a waterproof bag to put your belongings in. You can give your belongings to the staff for safekeeping but it is better if you safekeep them yourself, right?  

 

3: Water

Canyoneering takes a pretty long time. You definitely need water. You can put it in the waterproof bag or in a pocket on the life jacket.

 

4: Band-Aid

There are many sharp rocks. I sometimes slipped and hit my elbows. So I recommend  bringing some Band-Aids just in case you get a cut injury.

 

5: Money

Along the canyoneering route, there is a shop where most of the tourists take a break and rest for a while. It is an unbelievable place where some locals cook and sell food as hotdogs and barbecue.  If you bring some money with, you can buy food there.

 

6: Action camera

Since you swim and jump there, it is the best to bring an action camera such as a GoPro.

 

■ Is it far from the reception to the start point of canyoneering?

After the reception, you need to choose the shoes. Many people already use the same shoes so some of them are really wet. If you don’t want to wear those shoes, you need to bring your own shoes.

We were given a helmet and a life jacket by the guide. And then the guide brought us to the start point near the top of a mountain, which is far away from the reception. We went there by riding on motorcycles.

カワサンフォールの看板を過ぎてすぐの風景

This is the place where we were brought. 

カワサンフォールの看板

This is the sign at the starting point. I looked around but there was no waterfall, not even the sound of rushing water.

I made some British friends on the way to the falls. We talked about traveling and enjoyed the trekking together.

After walking for a while, we finally heard the sound of water and that made us  excited. 

 

■ The biggest waterfalls in Cebu! You can’t stop jumping into the emerald green water!

After the long walk, finally, our canyoneering began. The entry starts with a jump!

The water is so clear and not too cold. 

カワサンフォールトレッキング中の川

カワサンフォールトレッキング中の川

There are some jump points. The highest jump point is over 10 meters.

Kawasan Falls is said to be one the 100 most beatiful falls in the world. Now, it is needless to say how popular it is. haha.

カワサンフォールトレッキングの川

This is the resting place I mentioned before. They want to sell food to the tourists but I am sure it is definitely hard to bring food and the other stuff here. 

カワサンフォールトレッキングの休憩所

This is the last jump point. Can you see a man trying to jump from the rock?

カワサンフォールトレッキング最後の滝

You can’t tell from the photo, but the jump point feels much higher than it actually is.

I was able to jump at every jump point.

But my jump is just like a normal jump. It is just like straight into the water from legs. Our guide’s jump was so cool. He showed us some variation of jumps such as rolling and twisting in the air.

You can have lunch right next to the waterfalls.

There are some tours not only canyoneering but also going behind the waterfalls and swimming. Research well, enjoy well.

 

This is a video about my Philippines trip although it is not only about Canyoneering parts.

If you are interested, please check it out.

www.youtube.com

 

This is all about canyoneering in Badian going to Kawasan Falls!

As I mentioned at the beginning of this article, here are the links to my previous articles about Moalboal and Oslob. 

Thank you for reading!

海外旅行フィリピン編:セブ島で人気のアクティビティ、カワサンフォールを満喫!

皆さん、こんにちは。

今回も前回に引き続きセブ島ついて書きます。セブ島を旅行する人は多いと思うので、できるだけたくさんの情報をお伝えしたいと思います。

これまで3回にわたり、セブ島のモールボール、オスロブについて紹介してきました。興味がある方は、この記事の最後にリンクを貼っていますので、ぜひご覧くださいね。

今回紹介するのは、セブ島で最も人気ではないかと思うアクティビティです。

■ セブ島南西部バディアンへ

今回紹介するのは、そのアクティビティが楽しめる場所、セブ島のバディアンです。

前日にオスロブに宿泊したため、朝6時からバディアンに向けて出発。オスロブからバディアンまで車で約2時間。

セブ島に来て、セブ市→モールボール→オスロブ→バディアンという行程を組んでしまったため、効率が悪く、移動時間が長くなってしまいました。

今回の目的地はカワサンフォール。

セブ島最大の滝と言われており、たくさんの旅行サイトで紹介されています。日本人にもとても人気があるので、日本語通訳付きのツアーもあります。

■ カワサンフォールまでの行き方

セブ市内からだとバスで行くことができるようです。自分はオスロブからの出発だったので、予約したツアーのドライバーが迎えに来てくれましたので、ここからは調べた情報になります。

1)バス乗り場

長距離の出発地となる「Cebu South Bus Terminal (サウスバスターミナル)」からバスに乗ります。ターミナルは「コロンストリート」の近くです。大きなターミナルのようですので、現地の人はほとんど知っているようです。もし分からなければ聞けば大丈夫そうです。

2)バスへの乗車方法

ターミナル内に案内板が出ていて、「BATO via BARILI」と表示されているバスへ乗車。「BATO via OSLOB」と言う似たような表示もあるため、注意が必要です。もし、「BATO via OSLOB」と表示されているバスに乗ってしまった場合は、カワサンフォールを経由しないため、大変です。

3)チケットの購入

バス乗車前に購入する必要はないようです。バスに乗ると、スタッフが集金にきてくれます。料金は片道160ペソです。

4)バスの降車

片道3〜4時間程度を要します。カワサンフォールは終点ではないようですので、注意が必要です。チケットの集金にスタッフが来た際に、目的地を伝えると教えてくれるようです。

セブ島からの行き方については、こちらの情報を参考としましたので、リンクを貼っておきます。

https://tabinaka.co.jp/magazine/articles/11903#i-2

カワサンフォールに着くとまずは受付を済ませます。

料金は7,000円程度で、これには昼食も含まれています。

■ 受け付けからスタート地点までが意外と長い?

受付を済ませるとトレッキング用のシューズを選びます。

いろんな人が履いているので中には、ビショビショのものもあります。潔癖症の人には少し辛いかも。

シューズを選ぶとガイドからヘルメットとライフジャケットを渡されます。その後バイクに乗せられ、受付から結構離れた山の山頂近くに連れていかれました。

カワサンフォールの看板を過ぎてすぐの風景

こんなところ。しかし、どうやらここがスタート地点の様子。

カワサンフォールの看板

滝なんて何処にもないなぁと思いながら道を歩いて行きます。

結構長いこと歩いた記憶があります。

道中一緒に参加したイギリス人と仲良くなり、色々な話をしながらトレッキングを楽しむことができました。

しばらく進むと、滝の音が聞こえ始め、いよいよかと期待感が高まります。

■ セブ島最大の滝!エメラルドグリーンの滝壺ダイブがやめられない

いよいよ滝にエントリーします。まずいきなり滝壺への飛び込みからスタートします。

川は透き通ってて、水は冷たすぎず心地よいです。

川に沿って歩いたり、泳いで進んだり。

マイナスイオンにあふれています。

カワサンフォールトレッキング中に見た川

カワサンフォールトレッキング中に見た川

数カ所の飛び込むポイントがあります。高いところでは、10m以上の高さから滝壺に飛び込むポイントも。

カワサンフォールは、世界で最も美しい滝100選にも選ばれているようで、言わずともその人気は分かってもらえるかと思います。

カワサンフォールトレッキングに見た景色

先ほど言った休憩所。こんなところにお店を出して、観光客狙いだと思いますが、毎日ここまで食材など諸々必要なものを持ってくるのがかなり大変そうですよね。

カワサンフォールトレッキングの休憩所

ここがツアー最後の飛び込みポイント。岩に立っている人が見えるでしょうか?

カワサンフォールトレッキング最後の滝

この写真で見ると高さがあまり伝わりませんが、いざあの場に立つと結構高く見えます。因みに自分は全てのジャンプポイントを制覇できました。

ただ、初心者なのでただ飛び込むって感じですが。それに比べガイドを務めてくれた方は、空中で体を回したり、捻ったり様々なジャンプを見せてくれます。

ランチは滝壺のすぐ横で。

トレッキングとは別に、筏で滝の裏側を体験するものや、滝壺で泳ぐツアーなど様々なツアーがあるようなので、どんなツアーがあるのか色々調べて見るといいかもしれません。

カワサンフォール以外のビデオも含みますが、興味がある方はご覧ください。

■ ツアーに参加のにあたり、あると便利なもの

シューズ、ヘルメット、ライフジャケットはツアーから支給されます。その他自分が参加してみて、これは必要だなと思うものを挙げます。

1)水着

言う必要もないですが必須です。更衣室もありますが、ツアー参加前から着替えて行く事をお勧めします。

2)防水バッグ

水の中を歩いたり、泳いだりするので、貴重品を入れる防水バッグも必須です。貴重品を預ける勇気がある方は別ですが、基本的に自分で所持しておきたいですよね。

3)飲料水

結構歩きます。水分補給のため飲料水を持って行く事をお勧めします。荷物になりますが防水バッグに入れることもできますし、ライフジャケットにはペットボトルが入るポケットもありますので、そこに入れることもできます。

4)絆創膏

ゴツゴツした岩が多いです。水に足を取られ肘をうったり、指に切傷をおったりなど怪我をする可能性もあります(実際に自分の友人がそうでした)。応急処置として持っておくと安心ですね。

5)小銭

途中信じられない場所に、屋台のような出店があります(ソーセージのようなものを大自然の中で焼いてます)。そこで数十分の休憩をとるのですが、その際に軽食を取ることができます。

6)アクションカメラ

カワサンフォールでは、飛び込みなど動きが多いことから、アクションカメラがお勧めです。

以上がセブ島のバディアンにある、フィリピン最大の滝、カワサンフォールの紹介となります。

いろんなツアーがあるので事前にしっかりリサーチして行くのがいいと思います。

海だけじゃなく、セブ島には「こんなところもあるんだ」と感じることができますよ。ぜひ、機会があれば行かれてみて下さいね。

冒頭でも述べましたが、セブ島のモールボールやオスロブについての記事は、以下のリンクで紹介しておりますので、興味がある方は併せて見てください。

ありがとうございました。

海外旅行フィリピン編:モールボールでダイビング!ダイビング好きなら一度は見ておきたい、巨大なイワシの群れ!

海外旅行フィリピン編:モールボールからオスロブへ移動!滞在ホテルやフィリピン料理を紹介

海外旅行フィリピン編:セブ島オスロブで念願のジンベイザメウォッチングへ。こんなにでかい生き物見た事ない!